殺しが静かにやって来る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殺しが静かにやって来る
Il grande silenzio/The Great Silence
監督 セルジオ・コルブッチ
脚本 マリオ・アメンドラ
ブルーノ・コルブッチ
ヴィットリアーノ・ペトリリ
セルジオ・コルブッチ
出演者 ジャン=ルイ・トランティニャン
クラウス・キンスキー
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 シルヴァーノ・イッポリッティ
配給 20世紀フォックス
公開 イタリアの旗 1968年11月19日
フランスの旗 1969年1月27日
日本の旗 1969年9月23日
上映時間 105分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

殺しが静かにやって来る』(ころしがしずかにやってくる 原題:Il grande silenzio/The Great Silence)は、1968年制作のマカロニ・ウェスタン

セルジオ・コルブッチ監督の後期の代表作。出演はジャン=ルイ・トランティニャンクラウス・キンスキーらで、主演のトランティニャンは主人公の設定上、台詞がない。すさまじい暴力描写のため、数カ国で上映禁止処分を受けたいわくつきの作品。

あらすじ[編集]

西部の町スノーヒルは、悪徳判事ポリカットに操られたロコ[1]率いるアウトロー集団が支配する“無法地帯”と化していた。

ロコ一味に夫を殺されたポーリーンは、ある男に復讐を依頼する。その男は幼い頃にアウトロー集団に両親を殺されたうえ、声帯を切られて声を失っていた事から、“サイレンス”と呼ばれていた。

サイレンスはポリカットの策略で報奨金を工面出来なくなったポーリーンを不憫に思い、無償でその依頼を引き受ける。そして、持ち前の拳銃さばきでアウトローを一人また一人と倒していくが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サイレンス ジャン=ルイ・トランティニャン セリフなし
ロコ クラウス・キンスキー 大塚周夫
ポリカット判事 ルイジ・ピスティリ 森山周一郎
保安官 フランク・ウォルフ 富田耕生
ポーリーン ヴォネッタ・マギー
知事 カルロ・ダンジェロ 千葉耕市

その他、雨森雅司納谷六朗北村弘一

備考[編集]

本作は西部劇史上稀にみる衝撃的なラストで終わる(主演のトランティニャンの発案といわれている[2])が、DVDスペシャル・エディションには特典として、ハッピーエンド版のエンディングが収録されている(音声はなし)。この「幻のハッピーエンドバージョン」がなぜ製作されたかについては2説ある。

一つはハッピーエンドバージョンのほうが本来のストーリーだったが、トランティニャンなどが主張したため(上述)ラストをネガティブなものに変更した、という説。もう一つは反対に、あまりに衝撃的なラストにプロデューサー側が難色を示したため、コルブッチ側がわざとでたらめなハッピーエンドを作って見せてプロデューサーが「こんなハッピーエンドなら元のラストのほうがマシ」と許可せざるを得ないように仕向けた、という説である。どちらが本当なのかはわかっていない。

クリント・イーストウッドの『シノーラ』は当初はこの映画のリメイクとして企画されていたが、版権許可が降りず止む無くストーリーを変えて出来た映画だと言われている。

脚注[編集]

  1. ^ イタリア公開版での役名は“Tigrero”。
  2. ^ Il grande silenzio (1968) - Trivia - IMDb

外部リンク[編集]