さいはての用心棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さいはての用心棒
監督 ジョルジオ・フェローニ
音楽 ジャンニ・フェッリオ
制作会社 Fida Cinematografica
配給 イタリアの旗Fida Cinematografica
日本の旗東和
公開 イタリアの旗1966年10月7日
日本の旗1969年2月11日
上映時間 100分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

さいはての用心棒』(さいはてのようじんぼう、原題:Per pochi dollari ancora)は、ジョルジオ・フェローニ監督によるマカロニ・ウェスタン

あらすじ[編集]

南北戦争が終わった直後の頃。北軍はサンダースが率いる南軍の残存部隊とリッグスの強盗団に対し懸念を抱き、ユマ砦に警告のための密書を送ることにする。大尉のルフェーブル、軍曹のピット、南軍の元軍人のゲイリーの三人はユマ砦に向けて出発。ゲイリーとピットは立ち寄った町でコニーという名の魅力的な女性と知り合う。三人は再びユマ砦を目指すが、実はルフェーブルはサンダース、リッグスと内通しておりピットを殺害。ゲイリーはルフェーブルから離れて単身で密書の運搬を続行。コニーと再会するがルフェーブル達と銃撃戦となり、ゲイリーは密書をコニーに預けて一時身を隠す。コニーは元々リッグスから誘惑を受けており、コニーから密書を受け取ろうとしたゲイリーはコニー共々捕らえられてしまう。ゲイリーは凄まじいリンチを受けるが耐え抜き、リッグスの手下達を倒して脱出。南軍の戦友と再会、ゲイリーは戦友にユマ砦への攻撃を止めるように説得するが、半信半疑の戦友は攻撃を続行。しかし密書は既に協力者の手によって砦に届けられており、サンダースの裏切りを知った戦友も攻撃を中止。ゲイリーはルフェーブル達の隠れ場所に乗り込み、コニーを救出。サンダース、リッグスを倒し、ピットの遺品の小型拳銃でルフェーブルも射殺した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NET TBS
ゲイリー ジュリアーノ・ジェンマ 野沢那智
コニー ソフィー・ドーミエ 小原乃梨子
サンダース ジャック・セルナス 村瀬正彦 筈見純
リッグス ダン・ヴァディス 小林清志 渡部猛
ルフェーブル アンヘル・デル・ポゾ 大木民夫
ピット ネロ・パッツァフィーニ 大塚周夫 増岡弘
大佐 アントニオ・モリノ・ロホ 羽佐間道夫 国坂伸
ユコー ベニート・ステファネリ 飯塚昭三
ウィルソン リッカルド・ピスッティ 木原正二郎
ゴールド ホセ・カルヴォ 松岡文雄
ニューマン フリオ・メニコーニ 田中康郎
テイラー ロレンツォ・ロブレド 横井光夫

脚注[編集]

外部リンク[編集]