鯨の中のジョナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鯨の中のジョナ
Jona che visse nella balena
監督 ロベルト・ファエンツァ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ケンデ・ヤーノシェ
公開 イタリアの旗 1993年4月1日
日本の旗 1996年7月22日
上映時間 100分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

鯨の中のジョナ』(原題:Jona che visse nella balena)は、1992年製作のイタリアフランスの合作映画。

概説[編集]

78年にオランダで出版されて以来、世界16カ国で翻訳されているヨナ・オバースキーの伝記小説『チャイルドフッド田口俊樹・訳)』(キネマ旬報社)を原作に、ホロコースト下のナチス強制収容所に送られた、オランダ系ユダヤ人一家の悲劇を描いた佳作映画。

あらすじ[編集]

1942年、アムステルダム。もうすぐ4歳になろうとするジョナ(ヨナ)は優しいパパとママの愛情を受け、一家は慎ましいながらも幸せに暮していた。ある日一家はユダヤ人という事で、ホロコーストに巻き込まれ強制収容所に送られる事に。そこには一家を待ち受ける過酷な運命が待ち受けていた・・・。『人を決して恨んだり憎んじゃ駄目』という風に育てられたジョナだったが・・・。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]