ポケットの中の握り拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポケットの中の握り拳
I pugni in tasca
Lou Castel-1965.png
ルー・カステル
監督 マルコ・ベロッキオ
脚本 マルコ・ベロッキオ
原案 マルコ・ベロッキオ
製作 エンツォ・ドリア
出演者 ルー・カステル
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 アルベルト・マラーマ
編集 アウレリオ・マンジャロッティ
公開 1965年
上映時間 108分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ポケットの中の握り拳』(ポケットのなかのにぎりこぶし、I pugni in tasca)は、マルコ・ベロッキオ監督による1965年のイタリアの映画。

あらすじ[編集]

アレッサンドロ(ルー・カステル)は、イタリアの農村で家族と暮らしている。彼の母親(リリアナ・ジェラーチェ)は盲目で、妹のジュリア(パオラ・ピタゴラ)は兄のアウグスト(マリノ・マゼ)に想いを寄せており、弟のレオーネ(ピエル・ルイジ・トロリオ)には知的障害がある。アレッサンドロは、アウグストを家族から解放しよう、と思い立つ。彼は、母親を崖から突き落とし、弟を風呂に沈める。

キャスト[編集]

評価[編集]

デヴィッド・トムソンは「イタリアの歴史において最も重要なクロスオーヴァー映画の一本」と評した[1]。『ザ・ニューヨーク・タイムズ』のレナータ・アドラーは「貧困と障害を抱えていることによって、社会に適応することができない人々」の描写という点で評価した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Thomson, David (2008). “Fists in the Pocket (1965)”. Have You Seen...? - A Personal Introduction to 1,000 Films. Alfred A. Knopf. p. 292 
  2. ^ Adler, Renata (1968年5月28日). “Movie Review - Fists in the Pocket (1965)”. The New York Times. 2014年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]