ソドムの市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソドムの市
Salò o le 120 giornate di Sodoma
監督 ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本 ピエル・パオロ・パゾリーニ
セルジオ・チッティ
原作 マルキ・ド・サド
ソドム百二十日あるいは淫蕩学校
製作 アルベルト・グリマルディ
出演者 パオロ・ボナチェッリ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 トニーノ・デリ・コリ
編集 ウンベルト・アンセルッチ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 フランスの旗 1975年11月22日 パリ映画祭
イタリアの旗 1976年1月10日
フランスの旗 1976年5月19日
日本の旗 1976年9月25日
上映時間 117分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
フランス語
ドイツ語
テンプレートを表示

ソドムの市』(そどむのいち、 イタリア語: Salò o le 120 giornate di Sodoma, 「サロ、或いはソドムの120日」の意)は、1975年(昭和50年)製作・映画祭上映、1976年(昭和51年)公開、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督のイタリアフランス合作映画である。マルキ・ド・サドの『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』(フランス語原題 Les 120 Journées de Sodome, ou l'Ecole du libertinage)を原作としている。スカトロ描写や性器の露出などの場面が非常に多い。ただしそれは単なるパゾリーニの嗜好としてだけではなく、様々な現代社会への批判が込められているという。

概要[編集]

パゾリーニは、原作では18世紀スイス山奥の城館であった舞台を20世紀イタリアに置き換え、この物語を現代における権力と個人の関係、消費社会のメタファーに作りかえた。その構成はダンテの 『神曲』 の構成を借りており、「地獄の門」 「変態地獄」 「糞尿地獄」 「血の地獄」の四つの章から成る。

本作の完成後、パゾリーニ監督はローマオスティア海岸で謎の多い死を遂げており、この作品が遺作となった。

ちなみに欧米ではあまりの過激な表現が問題となり上映禁止になった。

ストーリー[編集]

イタリアが連合国に降伏した後、残余のファシストたちは北部の町サロに集まって亡命政権(イタリア社会共和国)を形成していた。このナチス傀儡政権の権力者たち、大統領大司教・最高判事公爵の四人は、自分たちの快楽のために市町村条例を新しく制定する。その規定に従って美少年美少女が狩り集められ、さらにその中から彼らの厳選した男女各9人が秘密の館に連れ去られる。

権力者たちはそこで自分たちの定めた規則に従って、あらゆる淫蕩・変態行為に耽る。毎日、集会所で四人の語り婆たちのうち一人に猥褻な体験を話させることによって欲望をかきたて、少年少女たちを相手にその話を実行に移すのである。変態行為は次第にエスカレートしていき、最後には死に至る拷問が待っている。しかし、犠牲者たち同様に狩り集められてきた館の少年警備兵たちは、苦悶する犠牲者たちを尻目にラジオの音楽にあわせてダンスのステップなど踏んでいる。

製作の経緯[編集]

原案の執筆に協力した映画監督のプピ・アヴァティの述懐によると、企画当初はパゾリーニは一切関与していなかった。当初は『デアボリカ』(1973年)や『メリーゴーランド』(1974年)などの脚本家として知られるアントニオ・トロイジオらの発案によって、『性の告白』(1974年)や『課外授業』(1975年)などのエロティック作品で知られるヴィットリオ・デ・システィ監督によるB級ポルノ映画として企画された。しかし原案執筆を依頼されたプピ・アヴァティらがマルキ・ド・サドの原作をもとに準備稿を作成すると、あまりに過激な描写が検閲を通らないと判断されたため、デ・システィが演出を拒否する事態となった。デ・システィ監督の降板後に、プピ・アヴァティがパゾリーニ脚本によるセルジオ・チッティ監督の『エロスの詩』(1973年)を見て、パゾリーニを『ソドムの市』の企画に参入させることを提案する。アヴァティとパゾリーニはこの時点で初めて出会うこととなった。パゾリーニの提案によって時代背景をファシズム政権時代のイタリアに移した脚色が行われ、アルベルト・グリマルディの製作およびパゾリーニ自身の演出によって映画化されることが決定した[1]

政治的意図[編集]

当時のイタリアもまた欧米における学生運動が展開されていた時期であった。こうした状況下でパゾリーニは自らの意見を映画の様々な描写の中に込めている。スカトロ描写に関しては現代の消費文明、特に食物の浪費(飽食)を強く批判する意図があったと語り、また経済面でイタリアの主導権を握る北イタリアの文化が貧しい南イタリアへ浸食している事に対する批判でもあったという。また舞台を原作のスイスからナチファシスト政権下のイタリアに設定したのは左翼運動に反感を抱いていた右翼への攻撃が意図されていた。

フィルムの盗難[編集]

1975年8月26日、フェデリコ・フェリーニ監督の『カサノバ』などと共に本作のネガフィルムの一部がローマの現像所から盗難された。パゾリーニはラッシュプリントからネガを複製して対処したが画質の劣化は避けられず、本作の当該箇所は映像が粗いままとなっている[2]

パゾリーニ殺害事件[編集]

1975年11月2日、本作を撮影し終えた直後のパゾリーニがローマ郊外のオスティア海岸で轢死体で発見された。警察はパゾリーニから性的暴行を受けた少年による犯行と断定し逮捕したが、パゾリーニの遺体は全身が殴打された上にパゾリーニ自身の車で何度も轢かれており、ネオ・ファシストの暗殺とも噂された。

2005年5月7日、実行犯とされた元少年がイタリア・Rai 3のドキュメンタリー番組“Ombre sul giallo”に出演し「自分は犯人グループから家族に危害を加えると言われやむなく罪を被った。実際は他の数人の男によるリンチ(パゾリーニを「薄汚いコミュニスト」などと罵倒していたという)によりパゾリーニは殺された。」と告白した。また、本作の脚本家でありパゾリーニの助監督を長く務めたセルジオ・チッティは「フィルムの盗難も殺害犯グループが仕組んだものであり、パゾリーニはフィルムの返還交渉のために犯行現場におびき出された。」と証言している[3]

影響[編集]

1979年(昭和54年)1月26日、日本の大阪府大阪市で発生した三菱銀行人質事件で、犯人の梅川昭美は人質になっていた行員たちに本作の話を聞かせた後、男性行員に「血の地獄」の章のワンシーンを模して別の男性行員の耳を切り取るように命令した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pupi Avati: Salò, tutto comincia con un mio script dal Marchese De Sade原案の執筆に協力した映画監督プピ・アヴァティのインタビュー。
  2. ^ ソドムの市”. ユーロスペース. 2014年1月8日閲覧。
  3. ^ “「パゾリーニ事件」再捜査へ…“犯人”ら関係者新証言”. ZAKZAK. (2005年6月3日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_06/g2005060316.html 2014年1月8日閲覧。 

外部リンク[編集]