題名のない子守唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
題名のない子守唄
La sconosciuta
監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ
マッシモ・デ・リタ
製作総指揮 ラウラ・ファットーリ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ファビオ・ザマリオン
編集 マッシモ・クアッリア
配給 日本の旗 ハピネット
公開 イタリアの旗 2006年10月20日
日本の旗 2007年9月15日
上映時間 121分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

題名のない子守唄』(だいめいのないこもりうた、: La sconosciuta: The Unknown Woman)は、2006年イタリア映画

現在と過去を交えて、謎めいた過去を秘める女を描いたミステリー映画

上映時に冒頭で「この映画には秘密が隠されています、結末は誰にも言わないで下さい」といった字幕が表示された。

過激な描写があり、日本ではR-15指定となった。日本版では性器にボカシ修正がかかっている。

あらすじ[編集]

ウクライナからイタリアのトリエステにやってきたイレーナは、金細工の工房を営むアダケル夫妻に近づく。なぜか彼女は、その家の家政婦になることに執着しており、すでに働いていた家政婦のジーナを事故に見せかけて突き落とし、念願の仕事に就くことになる。

勤勉なイレーナはすぐに夫人に受け入れられ、夫妻の防衛本能に障害を持った一人娘テアも心を開いていく。その裏でイレーナは、隠れて室内を物色するなど不可解な行動を取り始めていく。時は経ち、彼女の前に一人の黒い服の男が現れるようになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イレーナ クセニア・ラパポルト 山像かおり
ムッファ“黒カビ” ミケーレ・プラチド 廣田行生
ヴァレリア・アダケル クラウディア・ジェリーニ 大坂史子
ジーナ ピエラ・デッリ・エスポスティ 棚田恵美子
マッテオ アレッサンドロ・ヘイベル 麦人
テア・アダケル クララ・ドッセーナ
ルクレッツァ アンヘラ・モリーナ
弁護士 マルゲリータ・ブイ
ドナート・アダケル ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ

スタッフ[編集]

  • 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
  • 製作総指揮:ラウラ・ファットーリ
  • 脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ、マッシモ・デ・リタ
  • 撮影:ファビオ・ザマリオン
  • 美術:トニーノ・ゼッラ
  • 衣装:ニコレッタ・エルコーレ
  • 編集:マッシモ・クアッリア
  • 音楽:エンニオ・モリコーネ
  • 音響:ジルベルト・マルティネッリ
  • 助監督:アルベルト・マンジャンテ
  • 製作アシスタント:ステファノ・チャローニ
  • 日本語字幕:吉岡芳子

受賞・ノミネート[編集]

2007年ヨーロッパ映画賞
  • ノミネート:監督賞
  • ノミネート:主演女優賞
  • ノミネート:撮影賞
  • 受賞:観客賞

外部リンク[編集]