死刑台のメロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
死刑台のメロディ
Sacco and Vanzetti
監督 ジュリアーノ・モンタルドイタリア語版
脚本 ジュリアーノ・モンタルドイタリア語版
ファブリッツィオ・オノフリ
出演者 ジャン・マリア・ヴォロンテ
リカルド・クッチョーライタリア語版
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 シルヴァーノ・イッポリティイタリア語版
編集 ニーノ・バラーリイタリア語版
配給 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1972年5月5日
上映時間 133分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

死刑台のメロディ(しけいだいのメロディ、原題:Sacco e Vanzetti、米国ではSacco and Vanzetti)は1971年イタリアフランス合作映画。

概説[編集]

1920年アメリカ合衆国マサチューセッツ州で実際にあったサッコ・ヴァンゼッティ事件を正面から描いた史実的社会派ドラマである。アメリカ史の汚点的冤罪事件として語られる事件をジュリアーノ・モンタルドイタリア語版監督が映画化。イタリア移民のサッコとバンゼッティがいわれなき死刑を受けるまでを描いている。主題歌『勝利への讃歌』(エンニオ・モリコーネ作曲)を社会派の歌手であるジョーン・バエズが担当したことも話題となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は1978年1月29日に日曜洋画劇場で放映された時の日本語吹替キャスト。

外部リンク[編集]