ディスクロージャー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディスクロージャー
Disclosure
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 ポール・アタナシオ
原作 マイケル・クライトン
製作 バリー・レヴィンソン
マイケル・クライトン
出演者 マイケル・ダグラス
デミ・ムーア
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 アンソニー・ピアース=ロバーツ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年12月9日
日本の旗 1995年2月25日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $214,015,089[1]
アメリカ合衆国の旗 $83,015,089[1]
テンプレートを表示

ディスクロージャー』(Disclosure)は、1994年アメリカで製作されたサスペンス映画マイケル・クライトンの同名小説を原作としている。

ストーリー[編集]

シアトルのハイテク企業の重役トム・サンダースは、今までの業績から昇進はほぼ確実と思われていた。だが、そのポストに就いたのは彼ではなく、本社から新たにやってきた女性メレディス・ジョンソンだった。実は彼女とトムは10年前に激しく愛し合った仲で、彼はこの事実に衝撃を受けるのだった。その夜、メレディスのオフィスに呼び出されたトムは、次第に彼女に誘惑されていくが、彼はこの誘いを拒否し、その場を去るのだった。しかし、次の朝、事態は急変してしまう。なんと彼がメレディスに対して、セクハラを行ったという訴えがあがっていたのだ。しかも、この訴えを起こしたのは、他でもないメレディス自身だった。会社での高いポストと、女性という立場を利用した彼女の攻撃によって、トムは仕事も家庭を失いそうになる。だが失意の彼の元に、差出人不明の電子メールが届く。それには彼の無実を証明する的確なアドバイスが示されていた。これに勇気づけられた彼は、誇りを取り戻すために再び立ちあがる決意をする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
トム・サンダース マイケル・ダグラス 小川真司
メレディス・ジョンソン デミ・ムーア 幸田直子 塩田朋子
ボブ・ガーヴィン ドナルド・サザーランド 小林修 家弓家正
スーザン・ヘンドラー キャロライン・グッドール 横尾まり 高島雅羅
キャスリーン・アルヴァレス ローマ・マフィア 泉晶子 藤生聖子
フィリップ・ブラックバーン ディラン・ベイカー 山野史人 牛山茂
ステファニー・カプラン ローズマリー・フォーサイス 島美弥子 遠藤晴
マーク・リューイン デニス・ミラー 仲野裕 山路和弘
メアリー・アン・ハンター スージー・プラクソン 磯辺万沙子 沢海陽子
ドン・チェリー ニコラス・サドラー 檀臣幸 佐久田修
シンディ・チャン ジャクリーン・キム 相沢恵子 日野由利加
ジョン・コンリー・Jr ジョー・ユーラ 円谷文彦 江原正士
イライザ・サンダース ファリン・アインホン 岡村明美
マット・サンダース トレヴァー・アインホン 佐藤美智子
ベン・ヘラー アラン・リッチ 小島敏彦 富田耕生
マーフィ判事 ケイト・ウィリアムソン 前田敏子
アーサー・カーン マイケル・ラスキン 辻親八
チャンス・ギーア ドナル・ローグ 田原アルノ
アデル・リューイン ファラ・フォーク 竹口安芸子
ジョン・レヴィン パット・アサンティ 秋元羊介
ジョン・コンリー・Sr エドワード・パワー 幹本雄之
スペンサー・カプラン デイヴィッド・ドリュー・ギャラガー 坪井智浩
その他 叶木翔子
小室正幸
天田益男
大黒和広
紗ゆり
高宮俊介
演出 松川陸 左近允洋
翻訳 中島多恵子 額田やえ子
録音・調整 土屋雅紀 飯塚秀保
音響制作 中西真澄
効果 VOX
プロデューサー 貴島久祐子 圓井一夫
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
グロービジョン
初回放送 1998年2月8日
日曜洋画劇場

出典[編集]

  1. ^ a b c Disclosure” (英語). Box Office Mojo. 2012年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]