U.N.エージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
U.N.エージェント
Résolution 819
監督 ジャコモ・バティアートイタリア語版
脚本 ティエリー・ジョンケフランス語版
ジャコモ・バティアート
製作 ジョルジュ・キャンパナ
製作総指揮 アンドレ・ブーヴァル
アルテミオ・ベンキ
出演者 ブノワ・マジメル
イポリット・ジラルド
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 イゴール・ルター
編集 ダイアン・ローガン
製作会社 Breakout Films
Aperto Films
TVN
Film Master
Sirena Film
Canal+
公開 フランスの旗 2008年10月27日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
英語
セルビア語
テンプレートを表示

U.N.エージェント』(ユーエヌエージェント、Résolution 819)は、2008年フランスポーランド英語版イタリア合作のテレビ映画ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において1995年7月に起きたスレブレニツァの虐殺を題材としている。

日本では2010年2月3日からDVDレンタルが開始され[1]、2011年8月22日にDVDが発売されている[2]。これとは別にWOWOWでも放送された。

ストーリー[編集]

1995年7月、国連が保護する「安全地帯」に指定されていたスレブレニツァから、8,000人を超えるムスリム人ボシュニャク人)が消息を絶った。事態を重く見た旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)はフランス人捜査官ジャックを派遣する。捜査を開始したジャックは、ラトコ・ムラディッチ率いるスルプスカ共和国軍による恐るべき戦争犯罪を知る。ジャックはフランス対外治安総局(DGSE)のレルビエと若き法医人類学者クララと共に真相究明に乗り出す。

キャスト[編集]

備考[編集]

実話をもとにしているが、主人公であるフランス人捜査官ジャックは複数の人物をモデルにしている。

仏語原題のRésolution 819は、作中において描かれた虐殺の舞台であるスレブレニツァを安全地帯として指定した国際連合安全保障理事会決議819を意味する。

参考文献[編集]

  1. ^ U.N.エージェント”. ツタヤ ディスカス. 2015年7月8日閲覧。
  2. ^ U.N.エージェント [DVD]”. amazon.co.jp. 2015年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]