十川知司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十川 ともじ(そがわ ともじ、1961年7月16日 - )は日本編曲家作曲家キーボード奏者音楽プロデューサー

来歴[編集]

1980年、伊丹哲也&Side By Sideのメンバーとして「街が泣いてた」で第19回ポプコングランプリ、第11回世界歌謡祭グランプリを受賞し、プロデビューする(第11回世界歌謡祭には杉山清貴、海外からクリストファー・クロスなども出場している)。

1987年からチャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)のツアーに参加。1988年5月21日発売のシングル「ラプソディ」でチャゲ&飛鳥のアレンジャーとして初クレジットされる。[1]同年発売の飛鳥涼(現:ASKA)のソロアルバム『SCENE』も手がけ、翌1989年「LOVE SONG」を担当。1991年に編曲した「SAY YES」が200万枚を超える大ヒット。続いて200万枚以上のセールスを記録した「YAH YAH YAH」をはじめ、class夏の日の1993」、岡本真夜TOMORROW」など数多くのミリオンセラー楽曲のアレンジを担当。

近年では、堂本剛とのコラボレートが話題になる。また、修二と彰の「青春アミーゴ」ではカップリングを担当しミリオンを達成している。

2015年、クマムシあったかいんだからぁ♪ではプロデューサー名義でオリコンチャートベスト10入りを果たした。 元々歌ネタであった単純な構成の楽曲を一つの作品に編曲した事が評価される。[2]

2000年代以降の表記を「十川ともじ」と改める。本人のブログで「音楽活動をする時の名前を「ともじ」にしたのも姓名判断2割、読みやすさと見た目の柔らかさ8割です。」と書いている。

主な作・編曲・プロデュースアーティスト[編集]

また、鈴木哲彦と共にexpo(エキスポ)の名義で作曲ユニットを組み、楽曲提供をしている。

脚注[編集]

  1. ^ タイトル曲「ラプソディ」はアルバム「RHAPSODY」からのリカット曲で、西平彰との共同クレジットであるが、西平単独アレンジのアルバムバージョンがベースになっており、十川の完全オリジナルではない(なお、1992年にリリースした「SUPER BEST II」ではアルバムバージョンに十川がシングルバージョンのイントロで使用したシンセ音がイントロや曲中にミックスされたバージョンで収録されている。こちらも編曲は西平との共同クレジット)。一方、c/wの「ripple ring」は十川単独によるオリジナルアレンジである。
  2. ^ http://www.musicvoice.jp/news/20150403025053/2/

外部リンク[編集]