おぼろ駕籠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おぼろ駕籠
Oborokago (1951) 1.jpg
監督 伊藤大輔
脚本 依田義賢
原作 大佛次郎
製作 小倉浩一郎
出演者 阪東妻三郎
田中絹代
山田五十鈴
佐田啓二
音楽 鈴木静一
主題歌 小畑実「おぼろ駕籠」
久保幸江「おぼろ小唄」
撮影 石本秀雄
編集 宮田味津三
製作会社 松竹京都撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1951年1月13日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5335万円[1]
テンプレートを表示

おぼろ駕籠』(おぼろかご)は、1951年(昭和26年)1月13日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は伊藤大輔、主演は阪東妻三郎モノクロスタンダード、97分。

大佛次郎毎日新聞の夕刊に連載した同名時代小説の映画化で、スター俳優を起用した松竹の正月映画である。主演の阪東が円熟した立ち回りを見せている。配収は5335万円で、本年度の邦画配収ランキング第10位となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.80

外部リンク[編集]