池永浩久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いけなが こうきゅう
池永 浩久
本名 池永 三治
別名義 澤田 憲
澤田 三治
生年月日 (1877-03-24) 1877年3月24日
没年月日 (1954-03-06) 1954年3月6日(76歳没)
出生地 大分県
死没地 京都府京都市
職業 映画プロデューサー実業家、元俳優
ジャンル 壮士芝居サイレント映画時代劇トーキー
活動内容 壮士芝居
横田商会二条城撮影所 俳優
横田商会法華堂撮影所 俳優
日活関西撮影所 俳優
日活向島撮影所 所長
日活大将軍撮影所 所長
日活太秦撮影所 取締役所長
J.O.スタヂオ 顧問
太秦発声映画 取締役
東宝映画 取締役
東宝 取締役

池永 浩久(いけなが こうきゅう、明治10年(1877年3月24日 - 昭和29年(1954年3月6日[1])は、日本の映画プロデューサー実業家、元俳優である。日活向島撮影所長を皮切りに、撮影所長を歴任し、やがて太秦発声映画を設立、現在の東宝の創成期に関わった人物として知られる。本名は三治、俳優時代の芸名は澤田 憲澤田 三治[1]

来歴[編集]

1877年(明治10年)3月24日大分県に池永三治として生まれる[1]

当初壮士芝居の俳優として活躍。山田九州男山田五十鈴の実父)の一座にいたこともある。

1910年(明治43年)、33歳を迎え、牧野省三の紹介で横田永之助横田商会二条城撮影所で、同社製作の映画に出演した[1]。当時の芸名は澤田憲[1]、澤田三治であった。1912年(明治45年)1月には新規開業の法華堂撮影所に移転、同年(大正元年)9月10日、横田商会を含めた4社合併で日活が設立されると、牧野とともに日活に残った。

やがて俳優業を引退し、「池永浩久」と改名、1922年(大正11年)5月、45歳のころ、東京の日活向島撮影所長に就任する。同撮影所は、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で壊滅、復興につとめるも同年11月14日、京都の日活大将軍撮影所に全従業員を移転させる。池永は同所長に就任する[1]。池永と千本組笹井静一との当時の結びつきは強く、池永みずから「笹井の影に池永あり、池永の影に笹井あり」と語っていたという[2]

1927年(昭和2年)12月、50歳のころ、日活太秦撮影所を開業し同社取締役所長に就任した[1]。1932年(昭和7年)には監督・脚本家であった横田豊秋を俳優に転向させた[3]。同年8月、中谷貞頼専務取締役による大解雇事件により日活を退社し、56歳となる翌1933年(昭和8年)3月に大澤善夫が設立したJ.O.スタヂオの顧問となる。同社内に太秦発声映画を設立して取締役となった[1]。1936年(昭和11年)、昭和会から衆議院議員選挙に立候補するが落選した。

1937年(昭和12年)9月10日、J.O.スタヂオを含めた4社合併で東宝映画が設立されると、同社の取締役に就任した[1]。1943年(昭和18年)12月、同社は東京宝塚劇場と合併し、現在の東宝になり、池永はひきつづき取締役となった。1947年(昭和24年)、70歳で退任した[1]

1954年(昭和29年)3月6日、死去した[1]。満76歳没。

人物・エピソード[編集]

日活京都の名物所長として、「人情所長」、「天神さん」、「聯隊長」とも呼ばれ、所員の多くに人気があった。「天神さん」と呼ばれたのは菅原道真のようなヒゲを生やしていたからで、「聯隊長」というのは所員に対する演説の口調が、ちょうど聯隊長の訓示に似ていたからである。「人情所長」は言わずと知れた人情にもろいことで、俳優が金を借りたい時など「母が病気で・・・国へ帰りたいと思いますので少々・・・」などと湿っぽい口調で願い出ると、「ウンそうか、親孝行のためかッ」と、十円くらいは貸してくれたのである。

中にはこの手で借りた金を遊蕩に使ったり、洋服の借金を払ったりする者もいたが、それがばれても「だまされたのは俺の不徳だ」と言って、カンラカラカラと笑ってすんだ。あるとき、涙を流して「母が亡くなったので」と借金を申し出た俳優がいて、池永所長は同情して十円の旅費に五円の香典まで添えて渡した。この俳優が所長室を出ようとしたときに小首を傾げ、「待て待て、お前のお母さんは昨年亡くなったのと違うか」と聞いたところ、俳優はしまったとばかりに飛んで逃げて行ってしまった。このときも池永所長は「またやられたか」とばかり、カンラカラカラと笑ったという[4]

池永は役者時代に山田九州男の一座にいたことがあるので、座長の娘である山田五十鈴を日活のニューフェイスとして売り出すことはいわば恩返しでもあった。池永は所長当時、京都下河原の料亭旅館「さくら家」を私的な定宿にしていて、所長の前歴がゴシップになることを恐れた池永は、山田五十鈴との契約をこの宿で秘密裏に行っている[5]

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k コトバンクサイト内の記事「池永浩久」の記述を参照。
  2. ^ 同志社大学公式サイト内の冨田美香紙屋牧子権藤千恵による記事「小林昌典氏談話」の記述を参照。
  3. ^ 『日本映画俳優全集 男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「宇留木浩」の項(p.85-86)を参照。同項執筆は吉田智恵男
  4. ^ 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  5. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)

外部リンク[編集]