原富太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

原 富太郎(はら とみたろう、慶応4年8月23日1868年10月8日) - 昭和14年(1939年8月16日)は、実業家茶人。号は三溪。美濃国厚見郡佐波村(現・岐阜県岐阜市)出身。

略歴[編集]

青木久衛の長男として生まれる。生まれは、岐阜市柳津町佐波。小学校卒業後、儒学者の野村藤陰草場船山に学ぶ。その後上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)で政治学・経済学を学び、跡見女学校の教師を務める。1892年、横浜の豪商・原善三郎の孫・原 屋寿(はら やす)と結婚し、原家に入る。横浜市を本拠地とし、絹の貿易により富を築いた。

また富岡製糸場を中心とした製糸工場を各地に持ち、製糸家としても知られていた。

1915年帝国蚕糸の社長、1920年に横浜興信銀行(現在の横浜銀行)の頭取となる。1923年関東大震災後には、横浜市復興会、横浜貿易復興会の会長を務め、私財を投じ復興に尽くした。

美術品の収集家として知られ、小林古径前田青邨らを援助した。横浜本牧三溪園を作り、全国の古建築の建物を移築した。三溪園は戦前より一部公開されていたが、戦後原家より横浜市に譲られ、現在は財団法人三溪園保勝会により保存され、一般公開されている。

子に原善一郎原良三郎らがいる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]