竹本住大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹本 住大夫(たけもと すみたゆう)は、義太夫節の太夫。7代を数える。芸名の由来は初代の出身地であった摂津国住吉に由来する。

初代[編集]

(生年不詳 - 文化7年3月19日1810年4月22日))本名は田中文蔵。

摂津国住吉生まれ。2代目竹本政太夫の門弟。宝暦7年(1757年)7月、京都四条南側芝居で初舞台、明和時代に江戸に出る。日本橋石町に住んだため、「石町住太夫」と呼ばれた。1783年に帰阪したが晩年は江戸を住まいにした。

没年月日は3月20日とも。

2代目[編集]

生没年不詳

江戸の生まれ、初代の門弟の祖太夫が1816年に2代目を襲名する。

3代目[編集]

(生年不詳 - 天保8年12月16日1838年1月11日))

竹本播磨大掾の門弟で富太夫、江戸で此母太夫、帰坂後1827年に高麗太夫、1831年に3代目を襲名する。

4代目[編集]

文政12年(1829年) - 明治22年(1889年1月22日)本名は竹中喜代松。

紀伊国田辺生まれ。6代目竹本内匠太夫の門下。幼名を竹本田喜太夫。3代目竹本鳴門太夫の預かり弟子。万延元年(1860年)正月、4代目を襲名する。明治17年(1884年)、文楽座から彦六座へ移り三味線方、2代目豐澤團平らと彦六座全盛期を築く。盲目ながら美声で評判になった。

5代目[編集]

弘化4年(1847年) - 明治42年(1909年9月22日)本名は吉野卯之助。

大阪市新町生まれ。明治2年(1869年 - 1870年竹本越太夫の門下。幼名を3代目竹本雛太夫1880年に4代目の門下になり1885年に5代目竹本越太夫を襲名、1889年に5代目竹本弥太夫の門下になり1908年襲名。

6代目[編集]

1886年9月11日 - 1959年1月15日)本名は岸本吟治。

京都の生まれ。1896年8月に竹本さの太夫に入門し小常太夫。1903年1月に2代目竹本常子太夫と改名。1915年6月に7代目竹本八十太夫を襲名。1925年10月に7代目竹本文字太夫を襲名。1941年9月に襲名、1955年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。『文楽浄瑠璃物語』(正文館書店、1943)の著書がある。

7代目[編集]

竹本 住大夫1924年(大正13年)10月28日 - )

大阪生まれ。6代目の養子。本名・岸本欣一。1946年、2代目豊竹古靱太夫(のちの豊竹山城少掾)に入門。1960年、9代目竹本文字太夫を襲名、1985年、7代目を襲名、同年、モービル音楽賞(邦楽部門)受賞。1989年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定、2002年日本芸術院会員、2004年毎日芸術賞受賞、2005年文化功労者、2007年度朝日賞受賞、2008年、フランス・芸術文化勲章コマンドゥール受章、2013年菊池寛賞受賞。2014年2月28日大阪市内で会見し、同年4月の大阪公演と5月の東京公演を最後に、現役を引退することを表明、2014年5月26日国立劇場小劇場恋女房染分手綱沓掛村の段のキリを務め、68年におよぶ大夫人生に幕を下ろした。同年文化勲章受章。[1]2016年、第10回ベスト・プラウド・ファーザー賞in関西 学術文化部門を受賞[2]

孫は脚本家の岸本みゆき

著書[編集]

脚注[編集]