江戸堀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 西区 > 江戸堀
江戸堀
錦橋
江戸堀の位置(大阪市内)
江戸堀
江戸堀
江戸堀の位置
江戸堀の位置(大阪府内)
江戸堀
江戸堀
江戸堀の位置
北緯34度41分19.1秒 東経135度29分34.03秒 / 北緯34.688639度 東経135.4927861度 / 34.688639; 135.4927861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
西区
町名制定 1977年(昭和52年)
面積
 • 合計 0.294114234km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 6,888人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
550-0002[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

江戸堀(えどぼり)は、大阪府大阪市西区町名。現行行政地名は江戸堀一丁目から江戸堀三丁目。

地理[編集]

大阪市西区の北部に位置。北は土佐堀及び北区中之島、南は京町堀、西は新なにわ筋を挟んで江之子島、東は阪神高速1号環状線を挟んで中央区北浜今橋高麗橋にそれぞれ接する。

河川[編集]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

1617年元和3年)に開削された江戸堀川沿いに町域が位置したことに由来。堀川の名称起源は、はっきりしておらず、徳川幕府の統治下に入って最初に掘った堀割を記念して付けたものと思われる。

1931年昭和6年)まで、西端部に雑喉場魚市場があった。

町名の変遷[編集]

江戸時代の町名は、船町・斎藤町・白子裏町(しろこうらまち)・布屋町・江戸堀1 - 5丁目・玉沢町・麹町・櫂屋町(かいやまち)・道空町(どうくうちょう)・山田町・雑喉場町(ざこばちょう)となっていた。

1871年明治4年)に江戸堀1 - 5丁目のうち江戸堀川以北を北江戸堀1 - 3丁目、同以南を南江戸堀1 - 3丁目に改編。翌1872年(明治5年)に土佐堀裏町・江戸堀上通1 - 2丁目・江戸堀北通1 - 5丁目・江戸堀南通1 - 5丁目・江戸堀下通1 - 5丁目に改編。1926年大正15年)に土佐堀裏町を土佐堀船町に改称。1961年(昭和36年)に土佐堀船町・江戸堀上通1 - 2丁目・江戸堀北通1 - 2丁目・江戸堀1 - 5丁目に改編。1977年(昭和52年)に江戸堀1 - 3丁目の現行行政地名を実施。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
江戸堀一丁目 1,384世帯 2,152人
江戸堀二丁目 1,060世帯 1,687人
江戸堀三丁目 1,688世帯 3,049人
4,132世帯 6,888人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 2,648人 [5]
2000年(平成12年) 3,124人 [6]
2005年(平成17年) 4,145人 [7]
2010年(平成22年) 5,518人 [8]
2015年(平成27年) 6,355人 [9]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 1,162世帯 [5]
2000年(平成12年) 1,460世帯 [6]
2005年(平成17年) 2,500世帯 [7]
2010年(平成22年) 3,332世帯 [8]
2015年(平成27年) 3,613世帯 [9]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]。なお、小学校・中学校入学時に学校選択制度を導入しており、通学区域もしくは隣接する校区の小学校・中学校から選択することも可能。

丁目 小学校 中学校
江戸堀一丁目 全域 大阪市立西船場小学校 大阪市立花乃井中学校
江戸堀二丁目 全域
江戸堀三丁目 全域

施設[編集]

交通[編集]

肥後橋駅

鉄道[編集]

道路[編集]

中之島ジャンクション
高速道路
主要地方道

橋梁[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府大阪市西区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 江戸堀の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 通学区域一覧 (PDF)”. 大阪市 (2019年5月1日). 2019年10月22日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  11. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]