豊竹呂太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊竹 呂大夫(とよたけ ろたゆう)は、義太夫節の太夫。

初代[編集]

天保14年(1843年) - 明治40年(1907年3月30日)本名は上西吉兵衛。

父は大阪天満はらはら薬を売っていた。そこの次男として生まれ、後世「はらはら屋の呂太夫」と言われる。

元は素人浄瑠璃出身で1874年に初代豊竹古靱太夫に入門し呂太夫を名乗る。生涯改名していない。1878年に豊竹古靱太夫没し、同年12月に5代目豊竹駒太夫の門下になる。

2代目[編集]

安政4年1月29日1857年2月23日) - 昭和5年(1930年9月26日)本名は堀卯兵衛。

大阪市の生まれ、1875年に初代豊竹古靱太夫に入門し十九太夫を名乗る。1876年が初舞台。1877年に初代呂太夫の門下で呂勢太夫、1883年に新呂太夫から1896年に祖太夫を経て、1907年に2代目呂太夫を襲名。

3代目[編集]

後の10代目豊竹若太夫

4代目[編集]

後の8代目豊竹嶋太夫

5代目[編集]

(昭和20年(1945年7月28日 - 平成12年(2000年9月9日)本名は青木正。

群馬県前橋市の生まれ。1967年立教大学文学部卒業。1952年に10代目豊竹若太夫に入門し豊竹若子太夫を名乗る。1954年に初舞台。1967年に師の若太夫の没で3代目竹本春子太夫門下に移る。同年に5代目呂太夫を襲名。1974年に再度、師の春子太夫の没で4代目竹本越路太夫門下に移る。

東京で文楽の会を積極的に行なった。

主な受賞に1977年に大阪府民劇場 奨励賞。1979年に芸術選奨文部大臣 新人賞。1981年に国立劇場文楽賞 奨励賞。1988年に松尾芸能賞 優秀賞。1987年、1988年に京都市芸術 新人賞。1985年、1987年、1988年、1989年国立劇場文楽賞 優秀賞。

6代目[編集]