石橋 (能)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石橋
Noh a.jpg
作者(年代)
不詳
形式
現在能
能柄<上演時の分類>
五番目物
現行上演流派
観世・宝生・金春・金剛・喜多
異称
なし
シテ<主人公>
獅子
(文殊菩薩の使いである霊獣)
その他おもな登場人物
寂昭法師
季節
春 または 初夏
場所
唐の国、清涼山の麓
本説<典拠となる作品>
『十訓抄』ともいわれるが不明
このテンプレートの使い方はこちら

石橋』(しゃっきょう)はの作品の一つ。獅子口(獅子の顔をした能面)をつけた後ジテの豪壮なが見物、囃子方の緊迫感と迫力を兼ね備えた秘曲が聞き物である。なお後段の獅子の舞については古くは唐楽に由来し、世阿弥の時代には、猿楽田楽に取り入れられていた。

概要[編集]

仏跡を訪ね歩いた寂昭法師(ワキ)は、中国の清涼山の麓へと辿り着いた。まさに仙境である。更に、ここから山の中へは細く長い石橋がかかっており、その先は文殊菩薩浄土であるという。法師は意を決し橋を渡ろうとするが、そこに現われた樵(前シテ)は、尋常な修行では渡る事は無理だから止めておくように諭し、暫く橋のたもとで待つがよいと言い残して消える。ここまでが前段である。

中入に後見によって、舞台正面に一畳台と牡丹が据えられ、後段がはじまる。「乱序」という緊迫感溢れる特殊な囃子を打ち破るように獅子(後シテ)が躍り出、法師の目の前で舞台狭しと勇壮な舞を披露するのだ。これこそ文殊菩薩の霊験である。

小書(特殊演出)によっては、獅子が二体になることもある。この場合、頭の白い獅子と赤い獅子が現われ、前者は荘重に、後者は活発に動くのがならいである。前段を省略した半能として演じられることが多い。まことに目出度い、代表的な切能である。

石橋物[編集]

石橋は歌舞伎にも取入れられ、石橋物と呼ばれる作品群を形成するに至っている。演目としては、『石橋』(初期の作品でごく短いもの)、『相生獅子』(遊女がのちに獅子の舞を見せる華やかなもの)、『連獅子』(獅子の組合わせを親子に設定し物語性を持たせたもの)など多数。いずれも牡丹の前で獅子の舞を見せるが、連獅子では間狂言を挟むなど大作となっている。

参考文献・外部リンク[編集]