喜多流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

喜多流(きたりゅう)とは、日本の伝統芸能である能楽のうち、のシテ方の流派である。

概要[編集]

江戸時代初期に興った新興流派で、金剛流の流れを汲む。流派の祖は徳川秀忠に庇護を得ていた喜多七太夫。七太夫は金剛太夫(金剛流の家元)弥一の養子となり金剛太夫を継承したが、弥一の実子・右京勝吉の成人後に太夫の地位を譲った。その後、徳川秀忠徳川家光の後援を受けて元和年間に喜多流の創設を認められ、喜多流は四座の次に位置する立場となった。現在、五流の内では最も規模の小さい流派である。しかしながら、幕末石高は200石で金剛流よりも100石多かった。幕末の宗家は濱町袋町に在住していた。

武士気質で素朴かつ豪放な芸風で、豊臣時代から初世と交流のある福岡藩黒田家など、大名家の(津軽藩仙台藩水戸藩彦根藩井伊家)、紀州藩広島藩松山藩熊本藩細川家)等)にも採用された。徳川幕府瓦解後、一時は廃絶の危機に瀕するが、十四世喜多六平太という名人が登場し、流派は生きながらえた。その功績を記念して設立されたのが東京目黒にある喜多能楽堂(十四世喜多六平太記念能楽堂)であり、流派の拠点となっている。また浅野家井伊家藤堂家山内家等の旧藩主の協力や、喜多流に属する地方の能楽師たちも流派の存続に尽力した。

大正・昭和期の名人として喜多実後藤得三ついで友枝喜久夫友枝昭世親子、粟谷菊生塩津哲生らが知られている。

1998年大島衣恵が能楽協会に登録されるまで、長らく女流能楽師を認めていなかった。

お家騒動[編集]

2021年(令和3年)現在、宗家は不在で、職分会から宗家預かりが選出されている。

現時点で最後の宗家は十六世喜多六平太(2016年2月没)であったが、喜多家に後継者が不在の上、生前の1998年(平成10年)より、職分が宗家主宰の喜多会を離れて喜多流職分会として活動し、宗家と絶縁状態となっていた。

また宗家は先代の遺産分割を巡って訴訟が発生し、1審、2審では「装束や面などを売却してその代金を遺族で分割する」との判決が出たが、2006年(平成18年)の上告審判決では、これらの金銭的価値を見積もった上での現物分与が命じられた[1]

その後、十六世喜多六平太と実弟の喜多節世が相次いで逝去したことから、職分会による合議制での運営が続いている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 読売新聞『 YOMIURI ONLINE 』

参考文献[編集]

  • 松田存 『能・狂言入門』 文研出版、1976年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]