犬王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

犬王(いぬおう、生年不詳 - 応永20年5月9日1413年6月7日))は観阿弥と同時期に活躍した近江猿楽日吉座の大夫猿楽能の名手として観世座の観阿弥・世阿弥と人気を二分した。阿弥号の「道阿弥」でも知られる。

解説[編集]

生年不詳ながら、活動時期からして観阿弥と同世代もしくは多少年下かと思われる[要出典]

物まねを主体とする大和猿楽に対し、風流歌舞を旨とする近江猿楽の芸風をよく体現し、ひろく人気を集めたとされる[要出典]。一時庇護者足利義満の不興をこうむったが[要出典]、後に許され、義満の法名「道義」から一字をもらって阿弥号「犬阿弥」を「道阿弥」に改めた。最晩年に至るまで、義満の寵愛は衰えず、応永15年(1408年)に後小松天皇北山第に行幸した際には天覧能を勤めた。また猿楽能の先駆者たる観阿弥を敬慕することあつく、観阿弥の命日である十九日にはかならず供養を行った[1]

世阿弥は犬王をきわめて高く評価し、『申楽談儀』に「犬王は、上三花にて、つゐに中上にだに落ちず」と述べている。20世紀には竹本幹夫の論文「天女舞の研究」[2]によって、世阿弥が犬王の得意とした「天女舞」を取り入れて舞事の充実をはかったとする説が提唱された[要出典]

[編集]

  1. ^ 申楽談義
  2. ^ 『能楽研究』第4号、1977年7月