伊東静雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤静雄から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊東 静雄(いとう しずお、1906年明治39年)12月10日 - 1953年昭和28年)3月12日)は日本詩人長崎県諫早市出身。

人物[編集]

長崎県立大村中学(現 長崎県立大村高等学校)から、旧制佐賀高等学校(現 佐賀大学)を経て京都帝国大学文学部国文科に学んだ。

卒業後は公立学校教員(公務員)となり大阪府立住吉中学校(現 大阪府立住吉高等学校)教諭となった。終戦後は大阪府立阿倍野高等学校に転勤。詩作活動に耽る傍ら、地方公務員の教員としても勤務するという「二足の草鞋」となり、生涯教職から離れなかった。

旧制住吉中学時代には、『古事記』を教えていたことと、その流行を追わないスタイルから「コジキ」というあだ名をつけられていた名物教師だったというエピソードが残っている。

京大在学中には、文学部教授に旧制大村中学の先輩である朝永三十郎(1965年ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎の父親)が、旧制住吉中学当時の教え子には、第三の新人の一人である小説家庄野潤三や2008年ノーベル化学賞を受賞した下村脩がいた[1]。旧制大村中学の先輩に文芸評論家福田清人(ふくだ きよと)、同学年に早稲田大学文学部教授で国文学者(近代文学専攻)の川副国基(かわぞえ くにもと)、國學院大學文学部教授となった古典中国文学者の蒲池歓一(かまち かんいち)がいる。

詩作は大学卒業の頃より始めた。1932年(昭和7年)、同人誌『呂』を創刊。のち『呂』を離れて、同人誌『コギト』に専念する。1935年(昭和10年)処女詩集であり代表作『わがひとに与ふる哀歌』を発行し、萩原朔太郎から「日本にまだ一人、詩人が残っていた」と賞賛を受け一気に名声を高めた[2]。当時日本浪曼派の代表的な詩人としてその機関紙の同人でもあり、評論での保田與重郎と並び同時代に多大な影響を与えた。また日本古典文学やリルケの造詣の深さに由来した、浪漫的で日本的な叙事詩に耽美性を加えたその作風は、少年期の三島由紀夫にも多大な影響を与えた[3]。1940年(昭和15年)には第二詩集「夏花」を刊行。1941年(昭和16年)には三好達治中原中也立原道造らとともに、詩同人誌「四季」に参加・交流。蓮田善明とも交流があり、蓮田が最後に出征する際、蓮田の乗った列車を大阪駅で見送っている。

1943年(昭和18年)に第三詩集「春のいそぎ」を刊行。1947年(昭和22年)に第四詩集「反響」を刊行。1953年(昭和28年)3月12日、肺結核のため大阪府河内長野市の国立病院長野分院(現・国立病院機構大阪南医療センター)で死去[4]。死後まもなく「反響以後」が刊行された。戒名は文林院静光詩仙居士。

忌日に近い3月末の日曜日には、菜の花忌として顕彰。諫早市の伊東静雄顕彰委員会によって、現代詩を賞する伊東静雄賞が設けられている。

作品[編集]

詩集

  • 『わがひとに与ふる哀歌』(1935年) 、復刊 日本図書センター、2000年と竹林館 2003年。
  • 『夏花』(1940年・北村透谷賞受賞)
  • 『春のいそぎ』(1943年)
  • 『反響』(1947年) 、復刊 竹林館 2005年

関連文献[編集]

著作
  • 『伊東静雄全集』(全1巻)、桑原武夫・富士正晴・小高根二郎
    人文書院 1961年、増補版1966年、定本版1971年、1980年
  • 『伊東静雄日記 詩へのかどで』 思潮社、2010年[5]
  • 『伊東静雄詩集』 岩波文庫 杉本秀太郎編、初版1988年
  • 『作家の自伝69 伊東静雄 詩集わがひとに与ふる哀歌/京都』 久米依子編、<シリーズ・人間図書館>日本図書センター、1998年
  • 『近代浪漫派文庫35 蓮田善明/伊東静雄』 新学社[6]、2005年

伝記[編集]

  • 『伊東静雄研究』 富士正晴編、思潮社、1971年
  • 『現代詩読本 伊東静雄』 思潮社、1979年、新装版1983年
  • 小高根二郎 『詩人 伊東静雄』 新潮選書、1971年
  • 小高根二郎 『詩人、その生涯と運命 書簡と作品から見た伊東静雄』
    新潮社 1965年 / 国文社 1976年、復刻:日本図書センター「近代作家研究叢書」、1990年
  • 林富士馬・富士正晴 『苛烈な夢 伊東静雄の詩の世界と生涯』 社会思想社「現代教養文庫」、1972年
  • 小川和佑 『伊東静雄 孤高の抒情詩人』 講談社現代新書、1980年
  • 杉本秀太郎 『伊東静雄』 <近代日本詩人選18>筑摩書房、1985年 / 講談社文芸文庫、2009年
    『杉本秀太郎文粋5 幻城』 筑摩書房、1996年 に収録。

研究評伝[編集]

  • 小川和佑 『伊東静雄論』 五月書房 1973年
  • 小川和佑『伊東静雄論考』 叢文社 1983年
  • 田中俊廣『痛き夢の行方 伊東静雄論』日本図書センター 2003年
  • 山本皓造『伊東静雄と大阪・京都』 「ソフィア叢書5」竹林館 2002年
  • 永藤武『伊東静雄論・中原中也論』 おうふう 2002年
  • 米倉巌『伊東静雄 憂情の美学』 審美社 1985年
  • 三宅武治『伊東静雄 その人生と詩』花神社 1982年
  • 野村聡『伊東静雄』審美社 1996年
  • 城戸朱理『詩人の夏 西脇順三郎と伊東静雄』矢立出版 1994年
  • 高橋渡『雑誌コギトと伊東静雄』双文社出版 1992年
  • 溝口章『伊東静雄―詠唱の詩碑』土曜美術社出版販売1998年


関連項目[編集]

  • 下村脩(2008年ノーベル化学賞、大阪府立住吉中学校時代の教え子)
  • 三島由紀夫
  • 萩原朔太郎
  • 美原区(伊東が晩年に過ごした。また、区役所の6階展望ロビーには伊東の詩が展示されている)

脚註[編集]

  1. ^ 下村氏ノーベル化学賞受賞 長崎新聞 2008年10月10日閲覧
  2. ^ 萩原朔太郎が編んだ『昭和詩鈔』(冨山房百科文庫、復刻1977年)にも収録された。
  3. ^ 三島は十代後半に、生涯一度だけ大阪で会っている。1942年(昭和17年)の三島宛の葉書では「これからも沢山書いて、新しき星になつて下さい、それを信じて待ちます」と三島を励まし作品を評価している。しかし、戦後公開された日記の中では、三島のことを「俗人」「三島から手紙。面白くない。背伸びした無理な文章」などの酷評が残されている。また伊藤が三島を「吹けば飛ぶような小才子」と評したとの証言も明らかにされた。三島は『新潮』1966年11月号に「伊東静雄の詩 わが詩歌」で「あの人は一個の小人物だつた。それでゐて、飛び切りの詩人だつた」と述べ、三島に与えられた「俗人」という評価に抗しつつ、その世俗に汚れなかった繊細な魂と詩を哀悼、賞賛し、全集推薦の辞でも「伊東静雄氏は私のもつとも敬愛する詩人であり、客観的に見ても、一流中の一流だと思ふ」と述べている。
  4. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)35頁
  5. ^ 近年発見された。高校時代より大学国文科をへて中学校教員になるまでの日記5冊分を、編者による詳細な注釈を付け完全収録。編者の柊和典・吉田仙太郎・上野武彦3名は、伊東が住吉中学校(旧制)の教員時の生徒。
  6. ^ 収録作品は、伊東静雄詩集(わがひとに与ふる哀歌/夏花/春のいそぎ/反響抄/反響以後/拾遺詩篇より)と、日記抄。

外部リンク[編集]