十返肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1954年1月

十返 肇(とがえり はじめ、1914年大正3年)3月25日 - 1963年昭和38年)8月28日)は、香川県出身の文芸評論家。本名は十返 一(とがえり はじめ)。筆名=大方宗多(オオカタ ソウダ)[1]

高松市生まれ。料亭・淀川楼の長男に生まれる[2]

高松中学校を経て、1935年(昭和10年)日本大学芸術科卒業。在学中から中河与一主宰「翰林」の同人となり、文芸時評を連載[3]東京市麹町区土手三番町に下宿していたとき、近所の吉行エイスケに師事。

森永製菓宣伝部に勤務。後に、第一書房に入社して「新文化」(「セルパン」改題)編集長[4]

戦後、丹羽文雄に勧められて十返肇という筆名を名乗る。1947年から文芸時評を再開、1950年「文学者」同人となる[5]

舌癌で死去。

妻で随筆家の十返千鶴子挿絵画家風間完の妹。

著書[編集]

  • 『時代の作家』 明石書房、1941年
  • 『意志と情熱』 通文閣、1941年
  • 『文学の生命』 肇書房、1943年
  • 『作家の世界』 明石書房、1944年
  • 『小説の女性』 朝日新聞社、1954年
  • 『贋の季節 「戦後文学の環境」』 大日本雄弁会講談社、1954年
  • 『文壇と文学』 東方社、1954年
  • 『五十人の作家』 大日本雄弁会講談社、1955
  • 『現代文学白書 「文壇パトロール」』 東方社、1955年
  • 『文壇風物誌』 三笠書房、1955年
  • 『現代の表情』 北辰堂、1956年
  • 『現代文学の周囲』 河出書房、1956年
  • 『現代文壇人群像』 六月社、1956年
  • 『最初の季節』 大日本雄弁会講談社、1956年
  • 『作家の肖像』「人・作品・生活」 、近代生活社、1956年。編著
  • 谷崎潤一郎名作集』 あかね書房、1956年。編著
  • 『筆一本』 鱒書房、1956年
  • 『わが文壇散歩』 現代社、1956年
  • 『文壇の展望』 潮文社、1957年
  • 『文壇の崩壊』 村山書店、1957年
    • 新編『「文壇」の崩壊』 講談社文芸文庫、2016年。坪内祐三
  • 『男というものは』 六興出版部、1959年
  • 『スター見本市』 角川書店、1961年
  • 『十返肇の文壇白書』 白凰社、1961年
  • 『けちん坊』 文藝春秋新社、1962年
  • 『文壇放浪記』 角川書店、1962年
  • 『実感的文学論』 河出書房新社、1963年
  • 『十返肇著作集』(全2巻)、講談社、1969年
    • 『昭和文学よもやま話』 上記の著作集所収、吉行淳之介編、潮出版社、1980年

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 20世紀日本人名事典
  3. ^ 20世紀日本人名事典
  4. ^ 20世紀日本人名事典
  5. ^ 20世紀日本人名事典