小沼丹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小沼 丹
(おぬま たん)
165x
1954年(昭和29年)
誕生 小沼 救(おぬま はじめ)
1918年9月9日
東京府東京市
死没 (1996-11-08) 1996年11月8日(満78歳没)
職業 小説家大学教授
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 早稲田大学英文科
活動期間 1939年 - 1996年
ジャンル 小説随筆評論
文学活動 第三の新人
代表作 『村のエトランジェ』(1954年)
『懐中時計』(1969年)
『椋鳥日記』(1974年)
主な受賞歴 読売文学賞(1970年)
平林たい子文学賞(1975年)
デビュー作 『千曲川二里』(1939年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小沼 丹(おぬま たん、1918年大正7年)9月9日 - 1996年平成8年)11月8日)は、日本の小説家英文学者。本名は小沼 救(おぬま はじめ)。日本芸術院会員

「大寺さんもの」など、日常を題材とした小説のほか、随筆の名手としても知られる。また、英文学者としても知られており、早稲田大学では文学部教授として教鞭を執った。

経歴[編集]

東京府東京市下谷区下谷町に父邁(すぐれ)、母涙子(るいこ)の長男として生まれる。明治学院中学部、高等学部英文科を経て、1942年(昭和17年)に、早稲田大学文学部英文科を卒業した。後年、1958年(昭和33年)から、母校早稲田大学文学部で教授を務めている。

明治学院在学中の1939年(昭和14年)に『千曲川二里』を発表。同小説の掲載誌を井伏鱒二に寄贈、後に訪問し、師と仰いだ。お互いの晩年に、交流記を著書『清水町先生』にまとめている。

英文学研究のかたわら小説を書いてゆき、1954年(昭和29年)に『村のエトランジェ』が評価され、翌年には『白孔雀のいるホテル』で芥川賞候補となった。1969年(昭和44年)『懐中時計』で読売文学賞受賞、1974年(昭和50年)『椋鳥日記』で平林たい子文学賞受賞。1989年(平成元年)日本芸術院会員。

1996年(平成8年)11月8日、肺炎のため78歳で死去。

弟子に大島一彦がいる。

著書[編集]

  • 『村のエトランジェ』 みすず書房、1954年
  • 『白孔雀のいるホテル』 河出書房、1955年
  • 『黒いハンカチ』 三笠書房、1958年
  • 『風光る丘』 集団形星、1968年
  • 『懐中時計』 講談社、1969年
  • 『不思議なソオダ水』 三笠書房、1970年
  • 『汽船』 青娥書房、1971年
  • 『銀色の鈴』 講談社、1971年
  • 『更紗の絵』 あすなろ社、1972年
  • 『椋鳥日記』 河出書房新社、1974年
  • 『藁屋根』 河出書房新社、1975年
  • 『小さな手袋』 小沢書店、1976年
  • 『木菟燈籠』 講談社、1978年
  • 『山鳩』 河出書房新社、1980年
  • 『緑色のバス』 構想社、1984年
  • 『埴輪の馬』 講談社、1986年
  • 『清水町先生-井伏鱒二氏のこと』 筑摩書房、1992年
  • 『珈琲挽き』 みすず書房、1994年
  • 『福壽草』 みすず書房、1998年
  • 『小さな手袋/珈琲挽き』 みすず書房〈大人の本棚〉、2002年。庄野潤三
  • 『風光る丘』 未知谷、2004年
  • 『黒と白の猫』 未知谷、2005年

著作集[編集]

  • 小沼丹作品集』 小沢書店(全5巻)、1979年–1980年
  • 小沼丹全集未知谷(全4巻+補巻)、2004年-2005年
    • 1-3巻は創作、4巻は随筆・詳細年譜、補巻は翻訳・未刊作品。監修・庄野潤三三浦哲郎、吉岡達夫

文庫作品集[編集]

  • 『懐中時計』 講談社文芸文庫、1991年
  • 『小さな手袋』 講談社文芸文庫、1994年
  • 『清水町先生』 ちくま文庫、1997年
  • 『埴輪の馬』 講談社文芸文庫、1999年
  • 『椋鳥日記』 講談社文芸文庫、2000年
  • 『黒いハンカチ』 創元推理文庫、2003年
  • 『村のエトランジェ』 講談社文芸文庫、2009年 
  • 『銀色の鈴』 講談社文芸文庫、2010年  
  • 『更紗の絵』 講談社文芸文庫、2012年
  • 『珈琲挽き』 講談社文芸文庫、2014年 

翻訳[編集]

  • ウィリアム・ヴァン・ナルヴィグ『鉄のカーテンの裏』 読売新聞社、1949年
  • R.L. スティーヴンソン『旅は驢馬をつれて』 家城書房、1950年
    • 『旅は驢馬をつれて』 みすず書房〈大人の本棚〉、2004年
    • 「ギタア異聞」を併収。江國香織解説 
  • 林語堂則天武后』 みすず書房、1959年、新装版1979年ほか