川本晶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川本 晶子(かわもと あきこ、1962年7月5日[1] - )は、日本小説家

経歴[編集]

香川県高松市出身[2]香川県立高松高等学校を卒業する[3]。高校卒業後、上京する。演劇活動に携わる[4]フリーライターを経る[5]2005年、「刺繍」で第21回太宰治賞を受賞する(同時受賞は、津村記久子「マンイーター」)[6]。趣味はアイスホッケーとカート[5][7]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 刺繍(筑摩書房 2005年11月 
  • マタニティドラゴン(筑摩書房 2008年8月)

新聞連載[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • ことり心中 (webちくま 2005年12月-2006年02月)
  • からすの祝婚 (小説すばる 2006年12月号)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.447
  2. ^ 「夢の中でも書いていた」連載執筆終えた川本さん | 香川のニュース | 四国新聞社
  3. ^ 川本晶子(吉川由佳) | 高松高校東京玉翠会
  4. ^ 旅を数えて / 川本 晶子/平田 俊子/中島 京子/前川 麻子/松井 雪子/篠田 節子【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  5. ^ a b エンタメ 連載小説「おばけの懸想」―四国新聞社
  6. ^ 筑摩書房 太宰治賞
  7. ^ 三鷹市|太宰治賞 - 太宰が生きたまち・三鷹