伊藤朱里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 朱里
(いとう あかり)
誕生 (1986-03-10) 1986年3月10日(33歳)
日本の旗 静岡県浜松市
職業 小説家
最終学歴 お茶の水女子大学卒業
活動期間 2015年 -
ジャンル 小説
主な受賞歴 第31回太宰治賞(2015年)
デビュー作 『名前も呼べない』(2015年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊藤 朱里(いとう あかり、1986年3月10日[1] - )は、日本小説家。女性[2]静岡県浜松市出身[3]

経歴・人物[編集]

お茶の水女子大学文教育学部を卒業[4]後、就職するが、2013年に朝井リョウのデビュー作『桐島、部活やめるってよ』を読んでショックを受け[5]、会社を退職して小説を書いては応募する生活を送る[6]2015年、「変わらざる喜び」で第31回太宰治賞を受賞[7]。同年、同作を『名前も呼べない』に改題し刊行、小説家デビュー[8]

幼少期に祖母にワープロを買ってもらい文章を打ち始め[9][5]、高校から大学にかけて原稿用紙10枚に満たない作品を書き上げるようになる[5]。最初に読んだ本は、新潮文庫高峰秀子『にんげん蚤の市』[5]。「ドリトル先生」シリーズ、「クレヨン王国」シリーズなど、姉の本棚にあったファンタジー小説などを読んで育った[5]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『名前も呼べない』(2015年11月 筑摩書房
    • 名前も呼べない(第31回太宰治賞受賞作)
    • お気に召すまま(書き下ろし)
  • 『稽古とプラリネ』(2017年3月 筑摩書房)
  • 『緑の花と赤い芝生』(2018年9月 中央公論新社

雑誌等掲載作品[編集]

小説
  • 「変わらざる喜び」 - 『太宰治賞 2015』(筑摩書房、2015年6月)
  • 「婦女子のめざめ」 - 『小説BOC 5(2017年春)』(中央公論社、2017年4月)
  • 「赤い小鳥」 - 『小説すばる』2017年11月号(集英社
  • 「誘惑の家」 - 『yom yom』2018年6月号(新潮社
  • 「ピンク色なんかこわくない」 - 『yom yom』2018年12月号(新潮社)
エッセイ等

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.442
  2. ^ 三鷹市 | 広報みたか2015年5月17日12面
  3. ^ 太宰治賞に浜松市出身の伊藤朱里さん|静岡新聞アットエス
  4. ^ 第31回太宰治賞受賞作が決定いたしました | 筑摩書房
  5. ^ a b c d e インタビュー 作家 伊藤朱里さん|集英社 WEB文芸 RENZABURO レンザブロー
  6. ^ 「女の子の不幸が全部盛り」新人作家・伊藤朱里が描く25歳女性のリアル | ENTERTAINMENT | ananニュース
  7. ^ 太宰治賞に伊藤朱里さんの「変わらざる喜び」 - 産経ニュース
  8. ^ 今年の太宰治賞受賞者・伊藤朱里さんのデビュー作 | 筑摩書房 Twitter
  9. ^ ダ・ヴィンチ』KADOKAWA、2016年8月号、135ページ