一色次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一色 次郎(いっしき じろう、本名:大屋典一(すけかつ)、1916年5月1日 - 1988年5月25日)は日本小説家

来歴・人物[編集]

鹿児島県沖永良部島出身。幼時に父が無実の罪で獄死。1936年鹿児島朝日新聞(現・南日本新聞)で「隠密薩摩相」の連載小説を執筆後、翌年に上京、佐佐木茂索に師事、はじめは本名で執筆、1949年「冬の旅」で直木賞候補、1955年に児童読物で一色次郎の筆名を用いる。61年「孤雁」で再度直木賞候補。

1967年に『青幻記』で太宰治賞を受賞し、同作品は1973年に映画化された。その後は一色次郎を筆名として定着させ、主に戦争をテーマとした小説が特徴。その他の作品には1984年読売テレビによってテレビドラマ化された『魔性』など。74年に早乙女勝元と編纂した『東京大空襲』で菊池寛賞受賞。死刑廃止運動もおこなった。水上勉は古くからの文学仲間。

著書[編集]

  • 『創作集』大屋典一 私家版、1935
  • 『大屋典一作品集』私家版 1936
  • 『隠密薩摩相』大屋典一 淡海堂出版 1942
  • 『黒潮闘争伝』大屋典一 淡海堂出版 1942
  • 宮本武蔵』大屋典一 あかね書房 1951 (少年文庫)
  • 『世界の探検家』大屋典一 あかね書房 1952(世界伝記文庫)
  • 『戦国快男児 日輪太郎』一色名義 ポプラ社 1955
  • 『冬の旅』大屋典一 河出新書 1956
  • 西郷隆盛』一色名義 偕成社 1958 (児童伝記全集)
  • 『孤雁』大屋典一 河出書房新社 1961 「孤雁一刀流」春陽文庫
  • 『東京空襲』大屋典一 河出書房新社 1962
  • 『太陽と鎖』大屋典一 河出書房新社, 1964
  • 『青幻記』筑摩書房 1967 「青幻記・海の聖童女」角川文庫
  • 『海の聖童女』筑摩書房 1967
  • 『古里日記 わが人生の遍歴』大和書房 1968
  • 『運河通り』三一書房 1969
  • 『秋扇愁魚』文化服装学院出版局 1969
  • 『朔風の鐘』三一書房 1970
  • 『日本空襲記』文和書房 1972
  • 『枯葉の光る場所』文和書房 1972
  • 『左手の日記』青娥書房 1973 のち旺文社文庫
  • 『愛の風土と人生』日本文芸社 1973
  • 勝海舟』あかね書房 1974 (嵐の中の日本人シリーズ)
  • 『影絵集団』文和書房 1974
  • 『サンゴしょうに飛び出せ』金の星社 1975 (創作子どもの本)
  • 『西郷隆盛』あかね書房 1975 (嵐の中の日本人シリーズ) 「実録西郷隆盛」春陽文庫
  • 『丘の鶯』番町書房 1975
  • 『越前一乗谷石仏』水上勉,鈴木秀男共著 鹿島出版会 1975
  • 『小魚の心』家の光協会 1977
  • 『石をして語らしむ』文化出版局 1977
  • 『魔性』三一書房 1979
  • 『ヨロン島のネネコ』あかね書房 1979
  • 『真夜中の虹』三一書房 1981
  • 『ナンリ少年のピンチ』文化出版局 1982 (日本の童話)
  • 『父よ、あなたは無実だった』朝日新聞社 1982

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大辞典:[1]