港区立青南小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
港区立青南小学校(公立小学校)
Seinan Elementary School
Seinain Elementary School Tokyo.JPG
過去の名称 東京市青南尋常小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 港区
設立年月日 1906年明治39年)
9月3日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
小学校コード 203270
所在地 107-0062
東京都港区南青山四丁目21番15号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

港区立青南小学校(みなとくりつ せいなんしょうがっこう)は、東京都港区南青山四丁目にある公立小学校である。

概要[編集]

青南小学校と高層ビル群

明治時代以降、青山将官官僚などが居住する地域として大きく変容するのに伴い、隣接する青山小の児童数も急激に膨張、そのため1906年(明治39年)に青山小の一部の児童を引き取る形で創立された。そうした地域柄もあり、進学熱はこの頃より高く、文京区誠之小などと並び、府立一中(現・日比谷高校)や四中(現・戸山高校)など上級学校への進学率が高い学校として知られていた。この頃より越境入学生も後を絶たず、1921年(大正10年)着任の下川兵次郎校長の時代以降の戦前において、上級学校を目指して進度別授業を展開していた時期もあった[1]

1931年(昭和6年)、中村草田男が母校の青南小学校を訪ねた折に詠んだ「降る雪や明治は遠くなりにけり」の句碑が、現在、学校正面玄関前に建っている。

戦時中の逸話として、山本五十六が戦死した際、校庭にて海ゆかばの大合唱と共に[2]、その子女らが在学中、またかつて通っていた関係で、他校が著名な将官が亡くなると改称したのに倣い、一時「山本国民学校」と改称する案がでて、真剣に討議されたこともあった[3]

戦後も当校から青山中学校 - 日比谷高校のコースを辿ることが、いわゆる番町小 - 麹町中学校コースと並び、東大へ進学するエリートコースとされたこともあった。かように公立小御三家として「番町・白金・青南」などと謳われたこともあり、港区内では現在でも白金小赤羽小などと並び、学区外からの越境通学者が多く、また著名人の子弟も見られる。

2006年(平成18年)に創立100周年を、また、2016年には創立110周年を迎え、創立記念日の11月18日に記念式典が行われた。

沿革[編集]

  • 1906年明治39年)9月3日 - 東京市青南尋常小学校として設立。
  • 1941年昭和16年)4月1日 - 青南国民学校と改称。
  • 1945年(昭和20年)5月25日 - 東京大空襲により校舎焼失。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 港区立青南小学校と改称。
  • 1981年(昭和56年)11月7日 - 新校舎落成。
  • 2005年平成17年)9月31日 - 耐震工事完了。
  • 2006年(平成18年)11月18日 - 創立100周年。
  • 2009年(平成21年)2月13日 - 港区研究奨励校発表会。
  • 2011年(平成23年)10月28日 - 港区教育委員会研究奨励校、研究発表会開催。
  • 2012年(平成24年)2月22日 - 東京都小学校国語教育研究会、研究大会。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 理数教育フロンティア校指定。
  • 2016年(平成28年)11月18日 - 創立110周年。

教育方針[編集]

教育目標[4]
気品と風格にあふれた青南小学校のよい伝統を受け継ぎ、心身ともに健康で、国際社会において信頼される人間の育成を目指して、次の目標を定める。
「よく考える子」「体をきたえる子」「思いやりのある子」

児童数と教員数[5][編集]

年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 教員数 職員数
平成23年 553人 89人 83人 92人 102人 87人 100人 26人 17人
平成24年 532人 83人 88人 83人 95人 87人 86人 27人 16人
平成25年 527人 82人 84人 90人 85人 92人 94人 31人 14人
平成26年 530人 86人 83人 83人 90人 95人 93人 29人 14人
平成27年 515人 85人 84人 85人 90人 89人 82人 31人 12人
平成28年 500人 83人 79人 81人 80人 89人 88人 26人 13人

通学区域[編集]

住所別通学区域(平成27年4月1日から適用)[6]
西麻布二丁目 南青山三丁目 南青山四丁目 南青山五丁目 - 七丁目 北青山三丁目
18番、19番 5 - 18番 10 - 28番 全域 5 - 15番

卒業後の進路[編集]

卒業後は、近隣の港区立青山中学校や、港区立高陵中学校へ進学することになるが、例年、国立・私立中学、加えて都立中学を受験する生徒が極めて多く、港区内では白金小などと並び、いわゆる"難関校"への合格者も多い。

交通[編集]

電車

バス

関係者[編集]

出身者

脚注[編集]

  1. ^ 『歓暦 青南小学校第33回卒業生還暦記念誌』(渡辺汀編集, 1988年10月発行) p28
  2. ^ 朝日新聞 1943年5月23日 夕刊2面
  3. ^ 『歓暦 青南小学校第33回卒業生還暦記念誌』(渡辺汀編集, 1988年10月発行) p126
  4. ^ 港区立青南小学校 - 教育目標[1]
  5. ^ 東京都教育委員会 - 平成23年度 - 27年度、東京都公立学校一覧、小学校(学校別)[2]
  6. ^ 港区立小・中学校通学区域一覧表(平成27年4月1日から適用) [3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]