合原明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごうばる あきこ
合原 明子
プロフィール
愛称 ばるちゃん
ごーばるちゃん
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 1985年8月
最終学歴 東京外国語大学外国語学部欧米第二課程スペイン語専攻卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 福島仙台→東京アナウンス室
活動期間 2009年 -
配偶者 あり
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
その他 福島放送局で地上デジタル放送推進大使

合原 明子(ごうばる あきこ、1985年8月 - )は、NHKアナウンサー

人物・略歴[編集]

東京都出身。女子学院中学校・高等学校東京外国語大学外国語学部欧米第二課程スペイン語専攻卒業。2009年に入局。

ガンダムシャアを特に好む[1]

両親は大分県出身で、誕生前、父親の夢枕に不動明王が現れたことから明子と命名した[2]

中学と高校の6年間演劇部に所属した。

さらに大学時代はスペインに留学した[3][4]

初任地の福島局東日本大震災に遭遇。震災発生直後から震災報道に携わり、2012年3月に仙台局へ異動後も震災関連の報道に携わった。

2014年5月に同期入局のディレクターと結婚[4]

2021年2月16日、自身が出演していた『クローズアップ現代+』のエンディングにて産前産後休業に入ることを明らかにした[5]

出演[編集]

太字は、現在出演(担当)中。

福島放送局勤務時(2009年度 - 2011年度)[編集]

仙台放送局勤務時(2012年度 - 2013年度)[編集]

  • 東北3県 さよならアナログ!もっとデジタル!(2012年3月31日)
  • おはよう宮城(キャスター:2012年度 - 2013年度)
  • ぬくだまりの宿 みちのく亭(ナレーション:ラジオ第1、2012年度 - 2013年度)
  • ラジオ特集 南相馬往診日記〜ある青年医師の夏〜 (語り・取材・構成:ラジオ第1、2012年8月27日)
  • 明日へ -支えあおう-
    • 「被災地はいま・東日本大震災から1年半」(リポーター:2012年9月9日)
    • 「東日本大震災から2年 特集 明日へ支えあおう」(リポーター:2013年3月10日)
    • 「三十一文字の思い〜中村雅俊と“震災の短歌”〜」(ナレーション:2013年7月7日)
    • 「特集・被災地の今を知っていますか?」(司会:2013年9月1日)
    • 「特集・震災から3年」(ナレーション:2014年3月9日)
  • てれまさむね 「てれまさんぽ」(2012年10月 - 2014年3月)
  • 東北Z
    • TOHOKUメンコイらぼ(司会:2012年11月 - 2014年3月)
    • 八重の桜 会津旅〜大河ドラマの舞台を訪ねて〜(2012年12月21日)
    • 北国からのコンサート2013(司会:2013年3月9日)
    • 北国からのコンサート2014(司会:2014年3月7日)
  • ラジオ特集 今こそ賢治を読む〜大震災から 2年、被災地に響いた宮沢賢治〜(ラジオ第1、2013年3月10日)
  • 着信御礼!ケータイ大喜利 (2013年6月1日深夜)
  • ラジオ特集 震災30か月 父と母へのメッセージ 〜親を亡くした若者たちの軌跡〜(ラジオ第1、2013年9月11日)
  • あさイチ 「JAPAなび 今こそ来てけらいん!宮城気仙沼」(リポーター:2013年10月31日)
  • ラジオ深夜便 人権インタビュー(聞き手・制作:2013年12月5日深夜)
  • 震災から3年“明日へ”コンサート(中継リポーター:2014年3月10日)

東京アナウンス室勤務時(2014年度 - )[編集]

  • 春から“ゆうどき”が変わる!(キャスター:2014年3月30日)
  • ゆうどき(キャスター:2014年度)
  • 目撃!日本列島(ナレーション)
    • 「私は走り続ける〜福島から挑む日本一〜」(2014年6月21日)
    • 「人生のシナリオ 描き直せ 〜塀の中の IT 訓練室〜」(2015年6月20日)
  • 明日へ -支えあおう-
    • 「震災を詠む2014」(ナレーション:2014年7月6日)
    • 「震災から3年半 若い世代は今」(司会:2014年9月7日)
    • 「忘れじの旅 2014秋」(2014年11月2日)
    • 「忘れじの旅 2015秋」(ナレーション:2015年11月15日)
  • NHKスペシャル「少女たちの戦争〜197枚の学級絵日誌〜」(ナレーション:2014年8月14日)[6]
  • ゆうどき 関西発 最終回(2015年3月6日:山本哲也比留木剛史両アナウンサー、女優の田丸麻紀と共に司会進行を行った[7]
  • NHKニュースおはよう日本(平日5:00 - 6:25キャスター:2015年度)
    • 番組内の気象情報・道路交通情報(首都圏進行)
  • NEXT 未来のために「戦いは終わらない なでしこW杯への再出発」(ナレーション:2015年7月16日)
  • ラジオ深夜便 人権インタビュー(聞き手・制作:2015年12月7日深夜)
  • NHKスペシャル 「CYBER SHOCK 狙われる日本の機密情報」(ナレーション:2016年2月7日)
  • 明日へ -つなげよう-(ナレーション)
    • 「復興サポート 故郷よ“おらほの舞”でよみがえれ!~福島県」(2016年2月12日)
    • 「三十一文字の思い~生島ヒロシと“震災の短歌”~」(2016年7月3日)
    • 「廃炉ロボット~福島第一原発に挑む若者」(2017年1月22日)
  • “それから”の東北発☆未来塾~夢をつかむチカラ(司会:2016年3月6日)
  • 震災から5年 被災地を励ます歌(司会:ラジオ第1、2016年3月12日)
  • 首都圏ネットワーク(キャスター:2016年度 - 2018年度)
  • もうすぐ9時プレマップ(キャスター:2016年度)
  • オシばん(キャスター:2017年度 - 2018年度)
  • みんな大好き!ミッフィーの秘密~黒木瞳 ブルーナ90年の人生をたどる~(ナレーション:BSプレミアム、2017年8月16日)
  • 絶景!山城トレッキング~天空の城 竹田城・歴史ロマン 小谷城~(ナレーション:BSプレミアム、2017年11月4日)
  • 赤道直下の人々「エクアドル マリンバの娘」(ナレーション:BSプレミアム、2018年3月31日)
  • 赤道直下の人々「エクアドル アンデスの誇り」(ナレーション:BSプレミアム、2018年3月31日)
  • ニッポンに蒸気機関車が走った日(語り:BSプレミアム、2018年4月11日)
  • NHKスペシャル 「生討論!どうなる憲法論議」 (2018年5月3日)
  • きじまりゅうたの小腹すいてませんか?(ナレーション)
    • 「#5 谷中 猫大好き!下町の商店街で」(2019年6月1日)
    • 「#6 北千住 レトロな飲み屋横町で」(2019年6月8日)
  • 証言記録スペシャル いつか来る日のために「雨季到来!いますぐ役立つ 豪雨対策」(司会:2019年6月16日)
  • 福島をずっと見ているTV(司会:2014年4月6日 - )
  • 所さん!大変ですよ(アシスタント:2019年4月4日 - 2021年3月26日[8]
  • 正午ニュース(日曜日キャスター:2020年4月5日 - 2021年2月14日)[注 5]
    • 関東甲信ローカルニュース(12:10 - 12:15、兼務)
    • 定時ニュース(午後1時、午後3時、午後6時、兼務)
  • クローズアップ現代+(リポーター:2019年4月16日 - 2021年2月16日)
  • ニュース シブ5時三條雅幸の代理ニュースリーダー:2020年8月25日)
  • NHKニュース7池田伸子の代理キャスター:2020年8月29日・30日、9月12日・13日[注 6]
  • たけしの”これがホントのニッポン芸能史”(新人研究員(進行):2021年1月16日)

同期のアナウンサー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ ウィークエンド東北(2010年4月17日)にて「東北小さな旅」で放送されたものを、合原が東京のスタジオでリポートして全国向けに放送。
  2. ^ はまなかあいづToday(2010年11月8日)にて生中継されたものを録画で全国向けに放送。
  3. ^ 2019年1月中旬以降は安藤結衣
  4. ^ ただし、シフトの都合により出演しない場合あり。
  5. ^ シフトにより日曜以外にも担当となる場合もあり。(2020年7月4日・8月25日・9月14日・10月17日・12月19日、2021年1月11日)
  6. ^ 8月29日は20:45の定時ニュースと20:55の関東甲信越ローカルニュースを、9月12日は21:35の定時ニュースと21:45の関東甲信越ローカルニュースをそれぞれ兼務した(後者については、当初それぞれ全国ニュースが21:15、関東甲信越ローカルニュースが21:25からの予定だったが、プロ野球中継延長のためいずれも20分繰り下げられた)。
出典
  1. ^ 番組紹介”. クローズアップ現代. 日本放送協会. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  2. ^ 合原明子 (2012年4月6日). “【合原明子】よろしくお願いします!”. NHK仙台放送局. 2012年6月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月4日閲覧。
  3. ^ 合原明子 (2012年2月13日). “NHK福島アナウンサー&スタッフブログ「日々勉強◎」”. NHK福島放送局. 2015年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月12日閲覧。
  4. ^ a b "NHK夕方の顔合原明子アナ結婚していた". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 25 July 2014. 2014年7月25日閲覧
  5. ^ "NHK合原明子アナが「クロ現+」で産休発表「またどこかの時間で」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 17 February 2021. 2020年2月17日閲覧
  6. ^ NHKスペシャル 少女たちの戦争~197枚の学級絵日誌~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  7. ^ この日が『ゆうどき』シリーズ自体の最終回でもあったため。
  8. ^ 当初は3月18日に放送予定だったが、NHKニュース7を延長し菅義偉首相の会見を放送したため延期。

外部リンク[編集]