出羽ヶ嶽文治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出羽ヶ嶽 文治郎 Sumo pictogram.svg
Dewagatake Scan10008.jpg
基礎情報
四股名 出羽ヶ嶽 文治郎
本名 斎藤 文次郎(旧姓:佐藤)
愛称 (サバ折り)文ちゃん
生年月日 1902年12月20日[1]
没年月日 (1950-06-09) 1950年6月9日(47歳没)
出身 山形県南村山郡(現:山形県上山市
身長 207cm
体重 203kg
BMI 47.38
所属部屋 出羽海部屋
得意技 突っ張り、右四つ、小手投げ鯖折り
成績
現在の番付 引退
最高位関脇
生涯戦歴 209勝179敗2預114休(56場所)
幕内戦歴 150勝138敗53休(31場所)
データ
初土俵 1917年5月場所
入幕 1925年1月場所
引退 1939年5月場所
備考
2015年9月23日現在

出羽ヶ嶽 文治郎(でわがたけ ぶんじろう、1902年12月20日 - 1950年6月9日)は、山形県南村山郡(現:山形県上山市)出身の元大相撲力士。本名は斎藤 文次郎(さいとう ぶんじろう)(旧姓:佐藤)。

大相撲史上唯一の、身長200cm・体重200kgを両方超えた日本人力士である[2]。昭和40年代あたりまで、日本史上最高体重の人物とも言われていた[3]

来歴[編集]

非常に肌寒い1902年12月20日に、山形県南村山郡(現:山形県上山市)で生まれる。幼少時代から既に巨躯で奉公に出されても引き取り手が無く、山形県中川村の世話役によって青山脳病院を経営していた斎藤紀一に面倒を見てもらっていた。紀一は斎藤茂吉の義父(のちに継父)で、世間や斎藤家に出入りしていた関係者も文次郎少年は紀一の養子であると考えていたが、実際は斎藤貞次郎の養子であった[3]青山学院中等科へ入学した時は身長が182cmまで達し、体重も100kgを超えていたが、紀一の元で過ごしていたことと、頭脳明晰で成績優良、級長を務めて将来は小児科医になるつもりだったため、紀一が後援していた出羽ノ海から勧誘されても一度断った。それでも熱心に勧誘され続けたため、最終的には中途退学して入門することとなった[3]。この時で身長198cm・体重140kgの巨漢だった。

四股名は山形県出身であることと所属する出羽海部屋から「出羽ヶ嶽」として1917年5月場所で初土俵を踏む。栃木山守也の指導が功を奏して1925年1月場所で新入幕を果たすと、立合いは遅かったが角界入りしてからも成長を続ける体格を生かした小手投げ鯖折りが強く、腕力そのものは非力だったもののこれによって負傷者が続出したため、対戦相手から恐れられた。1926年5月場所での太刀光電右エ門戦では出羽ヶ嶽の鯖折りで右脚を負傷、これが元で大関から陥落し、以後も再起できなかった。

新入幕から負け越し知らずで関脇へ昇進するが、この時期に栃木山守也が余力を残したまま現役引退したことで稽古相手がいなくなり、さらに脊髄カリエスを患ったことで1926年5月場所を途中休場、平幕降格は免れたものの以降は勝ち越しても6勝5敗の成績が増えていく。1928年5月場所、同年10月場所は小結でありながら全休し、1930年1月場所ではついに幕尻まで番付を下げてしまった。1932年には天竜三郎春秋園事件を起こし、多くの力士と共に大日本相撲協会を脱退するが、出羽ヶ嶽だけは髷を切らず、同年5月場所において斎藤茂吉の説得もあって番付外幕尻格で帰参した。

1935年1月場所を3勝8敗と大きく負け越したことでついに平幕の座を失い、十両に降格した後も2勝9敗(同年5月場所)、11日全休(1936年1月場所)と思うような相撲が取れず、あっという間に関取の座も失った。その後も休場が続き、1938年5月場所は元関脇として当時、異例の三段目陥落となってしまった。その場所では5勝2敗と勝ち越して翌1939年1月場所は幕下(西24枚目)に戻った。同年5月場所は西幕下10枚目で迎えたが、1勝5敗と負け越しが決まったことで現役を引退し、年寄・田子ノ浦を襲名した。当時の「田子ノ浦」という名跡は、立浪部屋に所属していた十両の桐ノ花が保有していたが、出羽ヶ嶽が桐ノ花の妹と結婚して義兄弟になったこともあって名跡を譲渡され、これ以降は借株を挟んで出羽海一門の名跡とされている[4]

終戦後、旧両国国技館がGHQに接収されて「メモリアルホール」と改名された際には、下駄での入場は禁止されていたが、出羽ヶ嶽のみが貸出用スリッパでサイズが合うものが無かったために許可された。晩年は東京都江戸川区小岩焼き鳥店「やきとり文ちゃん」と花屋を経営していたが、1950年6月9日に死去、47歳没[3]

斎藤茂吉の長男である斎藤茂太の随筆や、石井代蔵の「土俵の修羅」によると、出羽ヶ嶽の晩年は寂しかったとある。巨体ゆえに市井では厄介者扱いされ、晩年に結婚した女性[5]は出羽ヶ嶽を不憫に思って身を寄せたと書かれている。出羽ヶ嶽の遺体は巨人症の研究のために解剖されることとなったが、故人の名誉を重んじて死去直後は死因確認を目的とする簡単な病理解剖が行われただけで、その後の遺体は東京大学医学部に長きに渡って保管された。そして、出羽ヶ嶽の死去から約35年が経過した1984年に、巨人症の研究が開始されることとなり、出羽ヶ嶽の遺体が本格的に解剖された。出羽ヶ嶽の遺体の一部は、現在でも東京大学医学部附属病院標本として保管されている[3]

人物[編集]

戦前力士としては非常に大きな体格で、腕力が非力で立合いも遅かったが、強烈な突っ張りから左右を抱え込んでの小手投げ・鯖折りが威力十分で恐れられた[6]。幕内土俵入りを遠くから見物していても背が高い出羽ヶ嶽はどこにいるかすぐに判り、「文ちゃん」の愛称で大正末期から昭和初期に人気を独占、衰退した相撲界を人気面で支えた[6]

関脇昇進後は大関横綱昇進を期待されたが、足腰の負傷などで平幕どころか三段目まで降格となり、体重や年齢が半分程の対戦相手に苦戦する姿は同情を集める一方で嘲笑の的でもあり、悲惨だった。

手先が大変器用で、現役時代から小鳥の飼育、麻雀ビリヤード釣り、カメラなどの多彩な趣味の持主だった。

エピソード[編集]

  • 本場所で使用する土俵から四本柱を廃止して現在のような吊り屋根にした時、柱の代替となる房の高さは7尺とされたが、当時は「出羽ヶ嶽のが引っ掛からないようにした」と持て囃された。現在でもこの話は好角家の間では有名で、半実話化している。ただし、吊り屋根に変更された際の現役力士には出羽ヶ嶽より背の高い不動岩三男がおり、実際には出羽ヶ嶽ではなく不動岩の髷が引っ掛からないように設定されたものと思われる。
  • 現役時代のある日、昼飯として注文した盛り蕎麦の大盛りを、座った頭の高さまで平らげた。その枚数は30枚以上に及んだという。また、ある時の昼食のおかずが塩鮭一匹丸ごと、ご飯は金盥によそってあったという。
  • 天竜三郎は後年になって「全盛期でも幕下の私より弱かった。出羽一門の宣伝によって作られた強豪力士」と主張している。さらに「一門別の巡業が終わる度に『出羽ヶ嶽が強くなって帰って来た』と吹聴していた。その宣伝もあって本場所では相手が出羽ヶ嶽の眼光に威圧されて動きが鈍り、こうなれば出羽ヶ嶽でも横綱級の強さを出せた」という持論を展開していた[7]。一方、斎藤茂吉は現役晩年の出羽ヶ嶽について「番付も下りくだりてよわくなりし出羽ヶ嶽見に来て黙しけり」と詠んでいる。
  • 富岡八幡宮の「巨人力士身長碑」に昭和の力士としては唯一人名を残している。平成時代に入って曙太郎が横綱に昇進した際に名を刻むことが検討されたが、公称身長が出羽ヶ嶽より1cm低かったことで実現しなかった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:209勝179敗2預114休 勝率.539
  • 幕内成績:150勝138敗53休 勝率.521
  • 現役在位:56場所
  • 幕内在位:31場所
  • 三役在位:10場所(関脇2場所、小結8場所)

場所別成績[編集]

出羽ヶ嶽 文治郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1917年
(大正6年)
x x (前相撲) x
1918年
(大正7年)
(前相撲) x 新序
0–2 
x
1919年
(大正8年)
西序ノ口26枚目
3–2 
x 西序二段51枚目
5–0 
x
1920年
(大正9年)
西三段目49枚目
3–2 
x 東三段目22枚目
4–0
(1預)
 
x
1921年
(大正10年)
西幕下28枚目
4–1 
x 東幕下5枚目
3–2 
x
1922年
(大正11年)
東十両14枚目
2–3 
x 東幕下3枚目
4–1 
x
1923年
(大正12年)
東十両7枚目
7–3 
x 西十両2枚目
3–4 
x
1924年
(大正13年)
西十両5枚目
4–1 
x 東十両筆頭
5–1
(1預)
 
x
1925年
(大正14年)
東前頭9枚目
8–3 
x 西前頭2枚目
9–2 
x
1926年
(大正15年)
西関脇
6–5 
x 東張出小結
3–3–5[8] 
x
1927年
(昭和2年)
西張出小結
6–5 
西張出小結
6–4–1 
西小結
6–3–2 
東小結
7–4 
1928年
(昭和3年)
東関脇
6–5 
西小結
6–5 
西小結
0–0–11 
西小結
0–0–11 
1929年
(昭和4年)
東前頭5枚目
0–0–11 
東前頭5枚目
3–8 
東前頭13枚目
8–3 
東前頭13枚目
0–0–11 
1930年
(昭和5年)
東前頭15枚目
7–4 
東前頭15枚目
7–4 
東前頭6枚目
2–9 
東前頭6枚目
3–8 
1931年
(昭和6年)
西前頭10枚目
8–3 
西前頭10枚目
7–4 
東前頭2枚目
7–4 
東前頭2枚目
4–7 
1932年
(昭和7年)
西前頭筆頭

脱退
 
x 前頭
8–3 
前頭
7–4 
1933年
(昭和8年)
西前頭筆頭
5–6 
x 西前頭3枚目
2–8–1 
x
1934年
(昭和9年)
西前頭8枚目
5–6 
x 西前頭10枚目
1–10 
x
1935年
(昭和10年)
西前頭16枚目
3–8 
x 西十両2枚目
2–9 
x
1936年
(昭和11年)
東十両14枚目
0–0–11 
x 西幕下3枚目
0–0–6 
x
1937年
(昭和12年)
西幕下15枚目
0–0–6 
x 東幕下33枚目
0–0–7 
x
1938年
(昭和13年)
西幕下35枚目
0–0–7 
x 東三段目11枚目
5–2 
x
1939年
(昭和14年)
西幕下24枚目
4–3 
x 西幕下10枚目
引退
1–5–2
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1927年3月場所の1休、5月場所の2休はいずれも相手力士の休場によるもの


脚注[編集]

  1. ^ 1901年(明治34年)生まれという説もある。
  2. ^ 有力な資料が無く存在性すら疑われる江戸時代の力士や、信憑性の低い記録などを含めればこの限りでは無い。近年では日本以外の出身者で曙太郎(横綱時代に日本国籍を取得)が身長200cm・体重200kg超えを記録している。
  3. ^ a b c d e 『大相撲ジャーナル』2017年6月号71頁
  4. ^ 「相撲」平成8年10月号、「年寄名跡 田子ノ浦 代々の巻」。ただし、2013年末に二所ノ関一門の隆の鶴伸一が年寄・鳴戸から名跡変更によって襲名した。
  5. ^ 前述の名跡交換にも書いた、十両・桐ノ花の妹を指すと思われる。
  6. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p24
  7. ^ 石井代蔵『相撲畸人列伝』(講談社)
  8. ^ 腰部及び右膝関節打撲により6日目から途中休場

関連項目[編集]