海辺の光景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海辺の光景』(かいへんのこうけい)は、安岡章太郎の中編小説。

群像』1959年11月号・12月号に掲載され、同年講談社から単行本となり、翌年の野間文芸賞を受賞、安岡の作家的地位が確立した。

内容は私小説で、母の死を描いたものだが、主人公は狂気して入院している母の末期が近いと父から報せを受けて高知県へ赴く。1957年の出来事である。海辺の荒涼たる風景が主人公の心象に重ね合わせられ、高い評価を受けた。

江藤淳はこの作品を『成熟と喪失』で論じ「母の崩壊」のしるしと見なした。

書誌[編集]

  • 海辺の光景 (講談社 1959年)
  • 海辺の光景 (新潮文庫 1965年)
  • 安岡章太郎全集 1 (講談社 1971年)
  • 海辺の光景 (講談社文庫 1971年)
  • 安岡章太郎集 (新潮日本文学 1972年)
  • 海辺の光景 (旺文社文庫 1978年)
  • 海辺の光景 (角川文庫 1979年)
  • 安岡章太郎集 5 (岩波書店 1986年)