平岡昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平岡 昇(ひらおか のぼる、1904年9月19日 - 1985年12月3日)は、日本フランス文学者東京大学教養学部名誉教授。

経歴[編集]

福岡市出身。福岡県立中学修猷館旧制福岡高等学校を経て、1928年東京帝国大学仏文科を卒業し、研究室副手を務める。

1949年東大教養学部助教授、1954年教授としてフランス語、フランス文学を教え、1965年定年退官、名誉教授、早稲田大学第一文学部教授。1975年定年退職。

18世紀フランスの人権思想などの研究家で、翻訳が多数ある。作家の安岡章太郎は親類にあたる。

著書[編集]

  • 平等に憑かれた人々 バブーフとその仲間たち (岩波新書 1973年)
  • 平岡昇 プロポ I・II(白水社 1982年)

共編著[編集]

  • フランス文学史 (河盛好蔵佐藤朔共編 新潮社 1967年)
  • ひとなぜ怒りを謳う ナショナリズム講義 安岡章太郎と対話 (朝日出版社 1979年)

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 平岡昇先生略歴「比較文学年誌」(早大)1987年