蒲原有明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蒲原有明

蒲原 有明(かんばら ありあけ、1875年明治8年)3月15日 - 1952年昭和27年)2月3日)は、日本詩人。本名は蒲原 隼雄(かんばら はやお)。東京生まれ。

D・G・ロセッティに傾倒し、複雑な語彙やリズムを駆使した象徴派詩人として、『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』などを発表。薄田泣菫と併称され、北原白秋三木露風らに影響を与えた。

生涯[編集]

東京市麹町区隼町に、佐賀藩出身の蒲原忠蔵、石川ツネ(1879年入籍、のち離婚)の子として生れた。地名にちなみ隼雄と名付けられた。生まれつき体が弱かった。平河小学校(現・千代田区立麹町小学校)、東京府尋常中学校(現・都立日比谷高校)を卒業し、第一高等中学校(のちの一高)を受験したが失敗。国民英学会で学び、卒業後小林存山岸荷葉らと同人雑誌「落穂双紙」を発刊し、ここに初めて詩を載せた。

1898年、読売新聞の懸賞小説に応募した「大慈悲」が当選し[1]、一時期小説を書いたが、すぐに詩作に専念する[1]巖谷小波の木曜会に顔を出すようになり、D.G.ロセッティの訳詩や新体詩集『草わかば』を出版した。さらに上田敏の訳詩に強く影響を受け、『独絃哀歌』『春鳥集』を刊行し、象徴主義を謳歌する。このころ青木繁と親交を結ぶ。

1908年に刊行した『有明集』で象徴詩手法を確立し、薄田泣菫と併称された。だがすでに時代は自然主義の流れに向かっており、文壇から激しく批判され孤立するとノイローゼに陥った。大正以後は文壇を離れて詩の改作を行ったが、作品の質は改作前の方が高いという意見が多い。さらに、フランス象徴派の翻訳や散文詩の創作を試みたが、フランス語は不得手だったこともあり、発表したのは少数だった。

1919年に鎌倉に移り、関東大震災後は静岡へ移転。この際改修した自宅は貸家とし、1945年から約1年間は川端康成が借りていた。敗戦後は鎌倉に戻った。1947年自伝小説『夢は呼び交わす』を刊行して話題となり[1]、翌1948年、日本芸術院会員に選ばれる。1952年2月3日、急性肺炎のため鎌倉の自宅で死去した。77歳没。戒名は龍徳院宏文有明居士[2]。墓は港区元麻布・賢宗寺にある。

著作[編集]

  • 『草わかば』(新聲社、1902年1月)。オンデマンド版(平凡社、2009年3月)
  • 『独絃哀歌』(白鳩社、1903年5月)。オンデマンド版(平凡社、2009年3月)
  • 『春鳥集』(本郷書院、1905年7月)。オンデマンド版(ゴマブックス、2016年)
  • 有明集』(易風社、1908年1月)。『名著複刻全集 近代文学館』ほるぷ、1983年ほか
  • 『有明詩集』アルス、1922年。 Kindle版(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
  • 『有明詩抄』岩波文庫、1928年。新装復刊1994・2010年ほか
  • 『随筆 飛雲抄』書物展望社、1938年。復刻版『近代作家研究叢書』日本図書センター、1989年
  • 『野ざらしの夢』生活社〈日本叢書〉、1946年
  • 『夢は呼び交す-黙子覚書』東京出版、1947年
  • 『有明全詩抄』酣燈社〈詩人全書〉、1950年
  • 『蒲原有明全詩集』創元社〈創元選書〉、1952年
  • 『蒲原有明詩集』矢野峰人[3]編、新潮文庫、1952年
  • 『蒲原有明詩集』野田宇太郎編、角川文庫、1953年
  • 『定本 蒲原有明全詩集』刊行会編、河出書房、1957年
  • 『蒲原有明詩集』思潮社現代詩文庫、1976年
  • 『夢は呼び交す』竹盛天雄注・野田宇太郎解説、岩波文庫、1984年、新装復刊2000年
  • 『近代浪漫派文庫15 蒲原有明/薄田泣菫新学社、2007年
  • 『蒲原有明詩抄』郷原宏解説、未來社「転換期を読む」2021年

関連文献[編集]

  • 渋沢孝輔『蒲原有明論 近代詩の宿命と遺産』中央公論社、1980年
  • 『蒲原有明日記 1945-1952』高梨章編・解題、公孫樹舎、2019年

脚注[編集]

  1. ^ a b c 港区ゆかりの人物データベースサイト・人物詳細ページ (蒲原有明)”. www.lib.city.minato.tokyo.jp. 港区. 2022年10月15日閲覧。
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)112頁
  3. ^ 著作に、蒲原有明研究 国立書院 1948。日本図書センター(復刻)1984。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]