白話小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

白話小説(はくわしょうせつ)は中国において、伝統的な文語文(漢文)で記述された文言小説[1]に対して、より話し言葉に近い口語体で書かれた文学作品のことである。白話は中国語で口語のこと。

白話小説として最も早期のものとして唐代の変文があり、宋代には口語を用い、娯楽的、勧善懲悪的な内容の説話が作られるようになった。現在伝わる『三国志演義』は代に「三国志語り」が語った台本に加筆していき、明代に整理されて成立したもの。

代には数多くの白話による作品が作られ、日本の曲亭馬琴上田秋成らにも大きな影響を与えた。

中華民国時期には陳独秀胡適魯迅らを筆頭にした言文一致運動[2]が興り文語文が使用されなくなると、小説の区分としての白話小説は消滅した。

主な白話小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である。平凡社 中国古典文学大系 42 『閲微草堂筆記 ; 子不語 ; 述異記 ; 秋燈叢話 ; 諧鐸 ; 耳食録』 1971年 。ISBN 978-4582312423 。解説 p.503 。
  2. ^ 1917年(中華民国暦6年)に陳独秀の依頼によって米国コロンビア大学に留学中の胡適が持論を雑誌『新青年』第2巻第5号に論文『文學改良芻議(中国語版)』を寄稿、提唱したことが嚆矢とされる。ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:文學改良芻議
  3. ^ 三国志演義の成立史参照。
  4. ^ 西遊記の成立史参照。
  5. ^ 水滸伝の成立史参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]