入江曜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

入江 曜子(いりえ ようこ、1935年〈昭和10年〉2月13日 - )は、日本のノンフィクション作家。本名は春名殷子。夫は作家の春名徹[1]

東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。1989年『我が名はエリザベス』で新田次郎文学賞を受賞。

三田文学会日本文芸家協会日中文化交流協会日本ペンクラブ、各会員[2]

紫禁城の黄昏[編集]

春名と共訳した岩波文庫レジナルド・ジョンストン紫禁城の黄昏』は、満洲侵略を日本の悪とするには、都合の悪いいくつかの部分を省略した訳書と批判された。後に祥伝社から完訳(中山理訳・渡部昇一監修『紫禁城の黄昏 完訳』上下、祥伝社、2005年、のち文庫化)が、他に本の風景社で別の新訳(岩倉光輝訳)も刊行されている。

岩波文庫版は、原書の全26章中、第1章から第10章・第16章と序章の一部(全分量の約半分)が省かれている。訳者あとがきでは、「主観的な色彩の強い前史的部分である第一~十章と第十六章『王政復古派の希望と夢』を省き、また序章の一部を省略した」とのみ述べている。岩波版で省略された章には、当時の中国人が共和制を望んでおらず清朝を認めていたこと、満州が清朝の故郷であること、帝位を追われた皇帝(溥儀)が日本を頼り日本が助けたこと、皇帝が満州国皇帝になるのは自然なこと、などの内容が書かれている。

祥伝社版の監修者の渡部は、岩波版について以下のように批判している。

「この文庫本は、原書の第一章から第十章までと、第十六章を全部省略しているのだ。その理由として訳者たちは『主観的な色彩の強い前史的部分』だからだという。この部分のどこが主観的というのか。清朝を建国したのが満洲族であることの、どこが主観的なのか。第十六章は満洲人の王朝の皇帝が、父祖の地にもどる可能性について、当時どのような報道や、記録があったかの第一級資料である。日本政府が全く関与しないうちに、それは大陸での大問題であった。溥儀がジョンストンと日本公使館に逃げ込んできた時の芳沢公使の当惑、その後も日本政府がいかに溥儀にかかわることを嫌ったか、その側にいたジョンストンの記述ほど信用なるものはない。また岩波文庫では、序章の一部を虫が喰ったように省略している。そこを原本に当たってみると、それは溥儀に忠実だった清朝の人の名前が出てくるところである。つまり岩波文庫訳は、中華人民共和国の国益、あるいは建て前に反しないようにという配慮から、重要部分を勝手に削除した非良心的な刊本であり、岩波文庫の名誉を害するものであると言ってよい」

また、渡部は、岩波版の誤訳も指摘している。

「訳者(入江曜子・春名徹)の略歴は記されていないので不明であるが、思想的には東京裁判史観の人らしいし、英語力にも問題がある。一例だけ挙げておく。


I need hardly say that the last persons in the world to whom the emperor would have appealed for sanctuary were Chiang Kai-shek and Chang Hsueh-liang;
(岩波訳:皇帝が誰かに庇護を求めるとすれば、世界中で一番最後に頼る人物が蒋介石と張学良であることは、あらためていうまでもない)[3]

この岩波文庫訳では意味がちょうど反対になってしまっている。つまりthe last(最後の)という単語の意味が理解されていない。He is the last person to do such thing(彼はそんなことをやる最後の人だ=そんなことは絶対にしない人だ)というのは旧制高校向けの入試参考書にも出てくる例文である。しかし、誤訳は誰にでもあることだから、それ自体は大したことではないだろう。しかし溥儀が、蒋介石と張学良を世界中で一番最後に頼る人物だと考えていたと訳するのは、このジョンストンの本の内容 がまるで解っていなかったということになる。
原文は
「皇帝が庇護を求める場合、誰に頼るとしても、世界中でこの人たちだけには絶対頼りたくないのが蒋介石と張学良だった」
という内容である。

こんなことはジョンストンの記述をそこまで読んでくれば当然に解るはずなのだ。訳者たちが正反対に誤訳したのが単なる語学力の欠如なら許せるが、読者を誘導する意図があったとしたら―歴史の削除のやり方からみて、その可能性がないとは限らない―許せない犯罪的行為であろう。」[4]

また渡部は、岩波文庫版が「主観的な色彩の強い」として原著の重要部分を省いたことは、原作者に対する著作者人格権の侵害にあたるとする批判見解も出している[5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『我が名はエリザベス 満洲国皇帝の妻の生涯』筑摩書房、1988年。ちくま文庫、2005年
  • 『貴妃は毒殺されたか 皇帝溥儀と関東軍参謀吉岡の謎』新潮社、1998年。
  • 『少女の領分』講談社、2000年。
  • 『日本が「神の国」だった時代 国民学校の教科書をよむ』〈岩波新書〉、2001年。
  • 『教科書が危ない 『心のノート』と公民・歴史』〈岩波新書〉、2004年。
  • 『李玉琴伝奇 満洲国最後の〈皇妃〉』筑摩書房、2005年。
  • 溥儀 清朝最後の皇帝』〈岩波新書〉、2006年。
  • 紫禁城 清朝の歴史を歩く』〈岩波新書〉、2008年。
  • 『思想は裁けるか 弁護士・海野普吉』筑摩選書、2011年 
  • 『古代東アジアの女帝』岩波新書、2016年

翻訳[編集]

  • R.F.ジョンストン『紫禁城の黄昏』春名徹共訳〈岩波文庫〉、1989年。
  • ニム・ウェールズ『中国に賭けた青春 : エドガー・スノウとともに』春名徹共訳〈岩波書店〉、1991年。

脚注[編集]

  1. ^ 読売人物データベースより
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 原書450ページ、岩波文庫本437ページ
  4. ^ 祥伝社版、監修者まえがき、11頁
  5. ^ 渡部昇一『日本を賤しめる「日本嫌い」の日本人 いま恐れるべきはジパノフォビア』徳間書店、2009年5月。ISBN 978-4-19-862739-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]