南蛮貿易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南蛮貿易(なんばんぼうえき)とは、日本の商人と南蛮人スペインポルトガルの商人)との間で16世紀半ばから17世紀初期にかけて行われていた貿易である。

概要[編集]

南蛮貿易(16-17世紀、狩野内膳画の南蛮屏風より)

1543年種子島にポルトガル船が到来した。ポルトガル船はその前年すでに琉球に到着していたが、琉球人はポルトガル船がマラッカを攻撃して占拠したことを知っていて、交易を拒否した。一方、日本の商人はポルトガル商船との交易を歓迎したため、ポルトガル船はマラッカから日本に訪れるようになった。

1557年にポルトガルがマカオの使用権を獲得すると、マカオを拠点として、日本・中国)・ポルトガルの三国の商品が取引されるようになった。

織田信長豊臣秀吉は基本的に南蛮貿易を推奨した。スペインはポルトガルに遅れてアメリカ大陸を経由しての太平洋航路を開拓し、ルソン島マニラを本拠として日本を訪れるようになった。

徳川家康はスペインとの貿易に積極的姿勢を見せ、京都の商人田中勝介を当時スペイン領のノビスパン(メキシコ)に派遣した。また、ポルトガル商人に対しては生糸の独占的利益を得ていた為、これを削ぐことを目的として京都・堺・長崎の商人に糸割符仲間を結成させた。家康の頃はキリスト教は禁止されてはいたものの貿易は推奨されていた。

しかし、その後の江戸幕府は禁教政策に加え、西国大名が勢力を伸ばすことを警戒したので海外との貿易を制限するようになった。交易場所は平戸長崎に限られるようになり、1624年にスペイン船の来航が禁止され、1639年にポルトガル船の来航が禁止され、平戸での交易を禁止するなど鎖国体制が成立し、南蛮貿易は終了した。