日本とカンボジアの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本とカンボジアの関係
CambodiaとJapanの位置を示した地図

カンボジア

日本

日本とカンボジアの関係クメール語: ទំនាក់ទំនងជប៉ុន - កម្ពុជា英語: Japanese-Cambodian relations)は日本カンボジア二国間関係を指す。日柬関係、または日高関係とも呼ぶ。カンボジアは東京に在日カンボジア大使館を、日本はプノンペンに在カンボジア日本国大使館を置いている。

1953年1月、日本とカンボジアは正式な外交関係を結んだ[1]。しかし、ポル・ポト時代の1975年以降、両大使館は閉鎖されていた。ポル・ポト政権崩壊後の1992年より在カンボジア日本国大使館が、1994年12月には在日カンボジア大使館が運営を再開している[2][3]

2010年時点の在日カンボジア人は約2,700人、2011年時点の在カンボジア日本人は約1,200人となっている[4]

貿易[編集]

対カンボジアの貿易輸出入額は2010年時点で以下のようになっている。日本への主要輸出品目は靴や衣類、日本からの主要輸出品目は小型船舶、車両部品、縫製用機械などとなっている[4]

  • 対カンボジア輸出額: 140億円 (2010年)
  • 対カンボジア輸入額: 182億円 (2010年)

カンボジアに対する日本の投資政府開発援助(ODA)関係の商社や建設会社が中心となってきたが、2008年以降はヤマハ発動機(オートバイ)やスズキミネベアなどの車両製造業、現代スイスと日本のSBIグループ合弁企業であるプノンペン商業銀行英語版三井住友海上火災保険が投資するアジア・インシュアランスなどの金融・保険業、味の素ヤクモF&Bなどの食品産業など多彩な分野の企業が進出するようになっている[2]

援助[編集]

日本は1992年以降政府開発援助(ODA)において2010年時点で19.6億ドル(対カンボジアODA額全体の18%)を援助し、カンボジアにとって最大の開発援助国となっている[2][5]。また、ペルシャ湾派遣に続く2度目の自衛隊の海外派遣カンボジア派遣が行われた。

2007年6月、日本とカンボジア両政府は投資の自由化や促進に関する日カンボジア投資協定を締結した。

日本政府は地雷除去や教育の分野で大きな援助を行なっている[6]。また、日本は1993年にアンコール遺跡救済国際会議を東京で開催、以降この会議で設置されたアンコール遺跡保存修復国際調整委員会(ICC)で日本はフランスとともに共同議長を務めている[4]

自衛隊は、定期的にカンボジアに対して、地雷除去を主とする能力構築支援事業を実施している[7]

日本の援助で、1963年にプノンペンにカンボジア日本友好橋英語版が作られた。2001年にはメコン川にきずな橋、2015年にはつばさ橋が作られた。2014年に発行された500リエル札には、きずな橋とつばさ橋が日章旗と共に描かれている[8]

外交使節[編集]

在カンボジア日本大使・公使[編集]

在日カンボジア大使[編集]

在日カンボジア王国大使
在日クメール共和国大使
  1. シム・ヴァル英語版(再任、1970~1975年)

※1975~1994年はカンボジアから日本への駐箚なし

在日カンボジア王国大使
  1. トルオン・メアリー(1994~1999年、信任状捧呈は12月26日[9]
  2. イン・キエト(1999~2005年、信任状捧呈は6月24日[10]
  3. プー・ソティレアッ(2005~2009年、信任状捧呈は4月11日[11]
  4. ハオ・モニラット(2009~2015年、信任状捧呈は2月23日[12]
  5. チア・キムター(2015~2018年、信任状捧呈は9月3日[13]
    臨時代理大使スイ・テック(2018年)
  6. ウン・ラチャナ(2018年~、信任状捧呈は10月18日[14]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]