日本とバングラデシュの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本とバングラデシュの関係
BangladeshとJapanの位置を示した地図

バングラデシュ

日本

日本とバングラデシュの関係ベンガル語: বাংলাদেশ-জাপান সম্পর্ক英語: Japanese-Bangladeshi relations)は1972年2月10日の国交樹立により始まった[1]日本バングラデシュの11番目の輸出貿易相手国となっている。バングラデシュからの輸入額は後発開発途上国からの全輸入額全体の26%を占め、これはカンボジアに次いで2番目の数字である。バングラデシュから日本への主要輸入品目には革製品、既製服、冷凍エビが含まれる[2]。2004年時点で、日本はアメリカ合衆国イギリスマレーシアに次いで4番目の直接投資国となっている。バングラデシュとの関係において日本が政治的な目標とするものには、国際連合安全保障理事会安保理改革への支援、加工品輸出の市場確保などがある。日本はバングラデシュにとって重要な開発援助相手国となっている[3]

2015年時点で、在日バングラデシュ人の数は9641人、在バングラデシュ日本人の数は985人となっている[1]

初代バングラデシュ大統領ムジブル・ラフマンの娘のシェイク・ハシナ首相によると、バングラデシュの国旗を制定するときに「父は日本の日の丸を参考にした」とされる[4]

外交使節[編集]

在バングラデシュ日本大使[編集]

在日バングラデシュ大使[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Biśvāsa, Sukumāra (2005), Japan-Bangladesh Relations, 1972-1990, Mowla Brothers, ISBN 984-410-435-1 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]