バングラデシュの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バングラデシュの国旗
バングラデシュの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 3:5
制定日 1972年1月17日
使用色

バングラデシュの国旗バングラデシュのこっき ベンガル語:বাংলাদেশের জাতীয় পতাকা)は、1972年1月17日に制定された。旗のデザインは、緑の地に、中央からやや旗竿寄りに赤い円が描かれている。赤い円は昇りゆく太陽を表し、地の緑色は豊かな大地を表す。また、赤い色は独立戦争で死んだ者の血も表している。縦横比は3:5。

概要[編集]

旗の原型は、独立の契機となった1971年第三次印パ戦争時に芸術家カムルル・ハサンকামরুল হাসান,Quamrul Hassan)によってデザインされた。対立関係にあった西パキスタンのイスラム主義の象徴「三日月と星」に対抗することを意図している。地の色にはイスラムの教えを示す緑と区別するように濃い緑が使われている。当時の旗には赤い円の上に金色でバングラデシュの地図が描かれていたが、旗が翻った時に正しい地図を維持することが困難であるなどの理由により、制定時に削除された。

この旗の太陽はやや左によっているが、これは旗がはためくことにより、やや左に寄せることで中心に見えるように、と言う配慮である[1]

同国や出身者と浅からぬ関係がある日本国の「日章旗」とのデザインの類似性が指摘される場合があり、同国出身者や研究家などが由来を関連付ける発言をする場合もあるが、バングラデシュ政府が公式にそれらを肯定または否定する見解を示したことはない。

独立後、初代首相シェイク・ムジブル・ラフマンが国旗を決める際に吹浦忠正(聖心女子大学講師。ユーラシア21研究所理事長。初代バングラデシュ日本人会会長)は意見を求められており、日本の国旗の意味について解説している。吹浦はバングラデシュ独立戦争時に国際赤十字の仕事で現地に滞在していた[2]

形式[編集]

フィールドが無地であり、中央に無地の真円が配置されている。類似の形式を持つ国旗に日章旗パラオの国旗がある。

関連項目[編集]

注釈・参考文献[編集]

  1. ^ 世界の国旗—世界191か国・国旗で知ろう世界の国々! (成美堂出版)ISBN 4-415-01035-0
  2. ^ 「ビーバップ!ハイヒール」国旗に秘められたミステリー2 朝日放送 2009年10月1日

外部リンク[編集]