モンゴルの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンゴルの国旗
モンゴルの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 1:2
制定日 1992年2月12日
使用色

モンゴル国旗は、赤・青・赤の縦三色の左側の赤地にソヨンボという意匠を配した旗。ソヨンボ文字はかつてモンゴルで使われていた文字で、ソヨンボの意味には色々な説がある。それぞれの図形は上から、火・地球・水・太陽・月・陰陽をあらわしている。

現在の国旗自体は正確には社会主義政権時代(モンゴル人民共和国)に制定されたもので、1949年からソヨンボの上に社会主義を意味する金星が付いていたが1992年に外された。

社会主義時代から、ソビエト連邦でいうところの槌鎌(鎌とハンマー)のマークと同じで、ソヨンボのみで使用されることも多く、第2の国章のような扱いを受けていた。またソヨンボそれ自体にも時代によって多くのバリエーションがあり、時代によっては本当の国章として使用された時期もある。

関連項目[編集]