パラオの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パラオの国旗
パラオの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 5:8
制定日 1981年1月1日
使用色
テンプレートを表示

パラオ共和国(Beluu er a Belau)の国旗は、中央のやや旗竿寄り[注 1]に黄色の円を配し、明るい青を背景色としたである。

概要[編集]

パラオ国旗の描き方
現在使われていない歴史的な旗?太平洋諸島信託統治領の旗(1965年 - 1981年)

黄金色の円はを表し、パラオ人の機が熟し独立国となったことを表す。また月はパラオの人々にとって収穫や自然の循環、年中行事に重要な役割を果たしている。明るい青はパラオが広大な太平洋に位置することとともに、過去の異国の統治による影からの脱出を表す[2]

このデザインは、1979年に国旗を決めるコンテストで優勝したジョン・ブラウ・スキーボング(John Blau Skebong、1935年生まれ・現アルモノグイ州知事の実兄)によるもので[注 2]、ンギラクラン・マルソル(Ngiraklang Malsol)を委員長とする国旗選定の為の特別委員会によって20作品ほど(70作品から100作品ほどあったという説もある)の候補の中から選ばれ[4]1980年に議会で承認された。

日本の国旗との関連[編集]

日本国旗に由来するとする説[編集]

月は日章旗の太陽と対をなし友好を示すものであり、月が中心より若干左に寄っているのははためく時に中心に見えるように、併せて日本に対する畏敬の念の表れであるという説が展開されている[5][6][7][8]

パラオ政府の見解[編集]

パラオ政府内務省による国旗についての文書ではデザインの類似性の記載はない[9]

日本国旗に由来する説が広まった経緯[編集]

この説の起源は不明であるが、1982年にパラオのペリリュー島に日本の日本青年社の傘下組織である「清流社」がペリリュー神社を「創建」した際に賛同資金集めのために出版された冊子「ペリリュー神社奉賛会設立趣意書」[注 3])には既にこの説が記されている。名越二荒之助は展転社の協力を得て「日の丸三兄弟」との題での各地での講演等を通じて自説の普及に努めた。

名越は著作「世界に生きる日本の心」の中で、パラオ国旗・バングラデシュ国旗を日章旗に由来する「日の丸三兄弟」として紹介した[10]。さらに、1990年代後半からは名越の弟子である伊勢雅臣(布瀬雅義)が主宰発行するメールマガジン「国際派日本人養成講座」を通じて、この説はインターネットを中心に一気に世間に広まっていった。この他には西牟田靖の著作『僕の見た「大日本帝国」』[11]や、世界の国旗に関する辞典、図鑑などでもこの説が紹介されている[12][13][14]

さらに、このパラオの国旗は日章旗が由来であるとの説は藤岡信勝が代表を務める自由主義史観研究会や藤岡と交流のあった向山洋一をリーダーとするTOSSのメンバーにより一部の小中学校の社会や道徳の授業では当然のこととして授業に取り入れられている[15][16][17][18]

テレビメディアでは、2015年フジテレビFNN みんなのニュース』が、日本とパラオの国旗のデザインの類似性を取り上げ、ミノル・ウエキ元駐日パラオ大使へのインタビューを放送している(#ミノル・ウエキ参照)[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 国旗をデザインしたジョン・ブラウ・スキーボングによると、10分の1寄せているという[1]
  2. ^ The Palau National Flag was the winning entrant by Mr. Blau Skebong in the 1979 ROP Flag Contest and was adopted by the Olbiil Era Kelulau through Public Law No. 7-6-2 on September 1980.(要旨:パラオ国旗のデザインは1979年に行われたコンテストによる)[3]
  3. ^ 名越本の引用では副題のペリリュー神社再建由来記として知られる。

出典[編集]

  1. ^ パラオ国旗の作者との対話、吹浦忠正
  2. ^ History of the National Flag (PDF)”. Second Constitutional Convention - 2005. 2006年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月18日閲覧。
  3. ^ Flags of The World”. Flags Of The World website. 2018年8月18日閲覧。
  4. ^ 吹浦忠正 (2010年10月26日). “パラオ国旗の作者との対話]”. 吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草. 2018年8月18日閲覧。
  5. ^ 名越二荒之助「世界に生きる日本の心」、展転社、1987年
  6. ^ 藤岡信勝「国立二小問題と国旗指導のヒント」『正論』2000年9月号、40ページ
  7. ^ パラオ共和国の歴史”. 一般財団法人南洋交流協会. 2016年6月15日閲覧。
  8. ^ NPO南洋交流協会サイト」(NPO南洋交流協会理事長の滑川裕二日本青年社副会長)
  9. ^ 21世紀研究会(編纂) 『国旗・国歌の世界地図』 文藝春秋〈文春新書〉、日本、2008年、403ページ。ISBN 9784166606450
  10. ^ 名越二荒之助「世界に生きる日本の心」、展転社、1987年
  11. ^ 西牟田靖『僕の見た「大日本帝国」』情報センター出版局、2005年2月、ISBN 4795843023
  12. ^ 『よくわかる 国旗と国名由来図典』辻原康夫著、出窓社、2004年。ISBN 9784931178502
  13. ^ 『世界の国旗ビジュアル大事典』吹浦忠正著、学習研究社、2007年。ISBN 9784054031982
  14. ^ 株式会社 更五 公式サイト」(国旗の製作・販売をしている明治32年創業の会社)
  15. ^ 服部剛(横浜市公立中学校教諭) (2003年). “授業報告 国旗・国歌の意義を教える(上)”. 自由主義史観研究会. 2015年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月18日閲覧。
  16. ^ 小林義典(TOSS SANJO) (2014年3月11日). “日本とパラオ共和国の国旗”. 2018年8月18日閲覧。
  17. ^ 福岡美智雪(TOSS加賀). “「日本とパラオ共和国の国旗」授業を終えて~事実という最高の資料「パラオ共和国」”. 2018年8月18日閲覧。
  18. ^ 大恵信昭(TOSS岡山サークルMAK) (2005年2月24日). “日本人の気概、日本人の素晴らしさを伝える社会科授業世界で最も親日的な国、パラオ共和国”. 2018年8月18日閲覧。
  19. ^ 天皇皇后両陛下、パラオにご到着 笑顔で国際空港をあとに”. Fuji News Network (2015年4月4日). 2015年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月18日閲覧。

関連項目[編集]