トンガの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トンガの国旗
トンガの旗
用途及び属性 市民・政府陸上、市民・政府海上?
縦横比 1:2
制定日 1875年11月4日
使用色
テンプレートを表示

トンガ国旗は1875年に制定されている。

国旗の原型は1862年国王ジョージ・ツポウ1世の命により皇太子と牧師シャーリー・ベーカーにより考案された。王室および大半の国民はプロテスタントメソジスト派に帰依しており、キリストの血の色である赤で十字架を現していた。のちの1864年に制定された赤十字旗が酷似していたため変更を余儀なくされ、1875年に現在の国旗が制定された。左上に赤十字を擁するカントン旗である。

赤い十字架は信仰を、白は純潔を、赤地はキリストの聖なる血を表している。

歴史[編集]


関連項目[編集]