ベトナムの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベトナムの国旗
ベトナムの旗
用途及び属性 市民・政府陸上、市民・政府海上?
縦横比 2:3
制定日 1955年11月30日
使用色
テンプレートを表示

ベトナム国旗は、東南アジアにあるベトナム社会主義共和国が使用している金星紅旗Cờ đỏ sao vàng旗𣠶𣋀黃)と呼ばれる旗である。共産主義国家の象徴を模したものとなっており、、旧ベトナム民主共和国北ベトナム)が制定した旗を統一後も引き継いで使用している。中華人民共和国の国旗(五星紅旗)との類似が見られる。

概要[編集]

赤地の中央に黄色の五芒星を配置したデザインで、縦横比は2:3。旗の地に使われる赤色は社会主義国によく見られる色で、独立の為に人民が流した血と社会主義を象徴する。また、旗中央の星は旧ソ連国旗赤い星と同様に共産党共産主義)による国家指導を表し、星の黄(金)色は革命を、星から出る五芒(五本の光)はそれぞれ労働者、農民、兵士、商人、知識人を表している。

金星紅旗は、現在の統一ベトナムの原点であるベトミン(ベトナム独立同盟会)の旗が基になっている。ベトミン時代の金星紅旗は現在のものとほぼ同じであるか、五芒星のデザインが若干異なっていた。ベトミンの旗は1945年ベトナム民主共和国(北ベトナム)が成立すると国旗として引き継がれ、1955年に五芒星のデザインが修正され現在の金星紅旗が誕生した。その後、1976年7月2日に北ベトナムが南ベトナム南ベトナム共和国)を吸収統一して現在のベトナム社会主義共和国が成立するが、国旗は国章と異なり変更がなされずそのまま北ベトナム時代の金星紅旗を流用して現在に至ってる。

なお、ベトナム人民軍軍旗は、金星紅旗に人民軍のスローガンQuyết thắng決勝、「勝利を決する」という意味で、日本語では「必勝」にニュアンスが近い)を追加しただけのものである。また、かつて南ベトナムに存在した南ベトナム共和国の国旗は、金星紅旗の下地の下半分を南ベトナムを象徴する水色に置き換えたもので、ベトナム労働党の指導下にあったベトナム民族解放戦線の旗を流用したものだった。

歴史[編集]

世界各地で開かれるチベット弾圧の抗議デモ・中共政府のベトナム侵略に抗議するベトナム人によって民族主義的な黄色旗が掲げられている

ベトナムでは、古来より黄色旗Cờ vàng旗黃)が民族の象徴旗として使われており、阮朝でも王朝旗として使用されていた。そして、1945年に日本の支配下でベトナム帝国が成立すると、新たなデザインの黄色旗が国旗として採用された。黄色旗は、ベトナム民主共和国成立によって金星紅旗が国旗となり、一旦使用されなくなった。しかし、ベトナムが南北に分断されるとベトナム国南ベトナム)によって、黄色旗は再び使用されることとなった。ベトナム国国旗はベトナム共和国でも使用され、今日においても反共的なベトナム人や自由ベトナム臨時政府(南ベトナムの亡命政府)によって使用されているが、現在のベトナム社会主義共和国内でベトナム国国旗の掲揚は法律によって禁止されている。 日本などの海外では中国に対するデモ(北京オリンピックの聖火リレー[1][2]2010年尖閣諸島抗議デモなど)で使用されている。(ベトナム共和国が領していた西沙諸島が現在、中国によって実効支配されている事やベトナム国土への侵略行為の批判[3]や現在のベトナムの体制を批判する意味や現在のベトナム国旗である金星紅旗を国旗として認めないという意味などで使用されている)[4][5]

  • 阮朝の王朝旗は、阮朝を参照のこと。

関連項目[編集]