国家の象徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国家 > 国家の象徴

国家の象徴(こっかのしょうちょう)は、国民の共同体として世界に対して構想され、明らかにされた存在の象徴である。国民の共同体には、主権国家だけでなく、植民地の国、独立国家、連邦、政治的な自治がないにも関わらず国家として見なされる民族文化の共同体が含まれる[1]

国家の象徴は、国民、価値観、目標、歴史を視覚的、口語的、あるいは象徴的に表現することにより人々を団結させる目的があり、このような象徴は、しばしば愛国心の称揚、熱烈なナショナリズム(独立、自治、あるいは分離運動)の一部として確立され、国民共同体の全ての人々を包括して代表するために策定される。

公式な国家の象徴[編集]

非公式な国家の象徴[編集]

クリヴァン山英語版スロバキアの非公式な象徴の1つ。

また、多くの場合、国内で有名な場所が国家の象徴と見なされる可能性があるとともに、手芸民族衣装天然記念物民族叙事詩国民の神話英語版のような歴史的なアイテムになり、さらにスポーツのナショナルチームとサポーターに象徴として使われる可能性がある。

ヴァイマルの国立劇場とゲーテ・シラー記念碑英語版ドイツの国家の象徴の1つ(1996年)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ England's National Symbols”. england.org.za. 2012年9月18日閲覧。 “National symbols are defined as the symbols or icons of a national community (such as England), used to represent that community in a way that unites its people.”