香港の旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香港の旗
香港の旗
用途及び属性 市民・政府陸上、市民・政府海上?
縦横比 2:3
制定日 1997年7月1日(法規発効、初公式掲揚)
使用色
テンプレートを表示

香港(ホンコンのはた)、現在の中華人民共和国香港特別行政区の区旗は、赤地の旗で、香港を象徴するバウヒニアの花を白色で描いたものである。1997年までのイギリスによる植民地統治下では、他のイギリス海外領土と同様にブルー・エンサインを基に紋章を加えた旗が使用された。本項では歴代の旗の意匠と密接な関連がある区章・紋章についても併せて扱う。

香港特別行政区区旗[編集]

香港特別行政区基本法第10条は区旗を「五星花蕊的紫荊花紅旗(五星雄蕊のバウヒニア赤旗)」とし、「區旗及區徽條例(区旗区章条例)」がデザインの詳細な規格を定めている。

香港人を対象にしたデザイン公募など3年間の活動を経て、1990年2月16日の香港基本法起草委員会第9回全体会議において、34票対15票で何弢 (Ho Tao) によるデザインを草案として採用し、全国人民代表大会の正式決定を経て、基本法に書き込まれた。1996年8月10日香港特別行政区準備委員会第4回全体会議で暫定使用方法が通過し、1997年7月1日香港返還をもって関連法規が発効、返還式典で初めて公式に掲揚された。

意味づけ[編集]

赤地は中華人民共和国を、白く描かれたバウヒニアの花は香港を、同時に紅白の2色は一国二制度を象徴する。全体として、中国の不可分な一部分である香港が中国に抱かれ繁栄発達する様子を表す。五つの雄蕊の星は、五星紅旗に由来し、香港人の愛国心を意味する[1][2]

香港特別行政区区章[編集]

香港の区章

香港特別行政区の区章(區徽Regional Emblem)は、紅白2色のみを使ったもので、円形である。内側の赤地の円内の意匠は区旗と同じで、バウヒニアの花が白で描かれている。外周の白地の部分には、上部に中国語繁体字の左横書きで「中華人民共和國香港特別行政區」と、下部には英語で「HONG KONG」と書かれ、左下と右下には星がひとつずつ配置される。

バウヒニア[編集]

バウヒニアの花
市政局の旗
1979年にイングランド紋章院によってデザインされた市政局の紋章

香港の象徴とされるバウヒニアは、Bauhinia blakeanaといい、俗に香港蘭 (Hong Kong orchid tree) と呼ばれることもある。熱帯・亜熱帯に生育する植物で、1880年に香港で発見され、1908年に新種として報告された。blakeanaの名は、第12代香港総督ヘンリー・アーサー・ブレイク (Henry Arthur Blake) にちなむ。香港では公園・庭園などの樹木としてよく見られる。1965年に香港の市花として公式に選ばれ[3]、1999年まで存在した市政局のシンボルマークなどに用いられていた。中国語では通常「洋紫荊」というが、香港基本法の区旗区章についての規定は「紫荊」と呼んでいる(英文版は“bauhinia”)。紫荊は本来、同じマメ科に属するハナズオウを指すため、香港のシンボルであるバウヒニアも、誤ってハナズオウと訳されることがある。

植民地時代の旗[編集]

1997年6月30日までのイギリス統治下では、他のイギリス海外領土と同様にユニオンジャックカントン(旗の左上の部分)に配した青い旗ブルー・エンサインを基に、旗の右側に紋章あるいは紋章の一部となった図柄を加えた旗が使用された。

1941年12月から1945年8月までは、香港は日本の占領下にあり、日章旗が掲げられた。イギリス統治初期の香港の旗については資料散逸のため詳細は不明である。

阿群帶路圖[編集]

「阿群帶路圖」
香港の紋章 (Colonial Seal Badge)

1876年から1959年までは、若干のデザイン変更があったが「阿群帶路圖(阿群の道案内)」と呼ばれる図柄が旗に取り入れられた。イギリスの国章の下にこの阿群帶路圖を組み合わせたものが紋章 (Colonial Seal Badge) として用いられた。これはイギリス兵が初めて香港島に上陸した際、陳群という女性が道案内したという伝承を象徴するとされる。貨物が置かれ3人の人物がいる手前の陸地は香港島北岸、中国式の帆船ジャンクとイギリス商船の浮かぶ海はヴィクトリア港、向こう側の陸地は九龍半島を示す。1959年の紋章が正式に採用された後、旗からは消えたものの、この図柄は皇家香港警察エンブレムや1993年以前に香港上海銀行が発行した香港ドル各券種の紙幣に印刷された紋章などに見られた。

1959年の香港紋章[編集]

香港の紋章 (1959年〜1997年)

1959年の紋章 (Coat of Arms) はイングランド紋章院がデザインしたもので、同年7月27日香港政庁が正式に旗と紋章のデザインとして採用した。

紋章下部の波打つ海水に囲まれた緑の小島は、イギリスが最初に占領した香港島を象徴する。下部の布には赤い字で「HONG KONG」と書かれている。盾の上部は赤地になっており、イギリス海軍とイギリス商船隊の香港に対する影響を示すネイヴァルクラウンが描かれる。下部は白地で海に浮かぶジャンク2隻を描き、香港が早くから海上貿易を重んじていたことを反映する。

盾を左右から支える盾持ち(サポーター)は、イギリスを表す王冠を戴くライオンと、中国を表す中国式ので、両者の融和を意味する。盾の上には、左側のライオンに向かい、香港の美称「東方之珠 (Pearl of the Orient)」に由来する真珠を持ち王冠を戴く小さなライオンが描かれている。小さなライオン(総督)が竜(中国)から取り上げた珠(香港)を大きなライオン(イギリス本国)に差し出している図式であるとも揶揄された。

出典[編集]

  1. ^ http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ziliao/2007-05/24/content_6145122.htm
  2. ^ 曹淳亮主編《香港大辭典・經濟卷》廣州:廣州出版社、1994年 ISBN 7-80592-129-6 111ページ
  3. ^ 綠化 - 知識分享(植物專題)- 香港市花洋紫荊的故事(作者:黎存志) 中華人民共和國香港特別行政區政府 發展局 綠化、園境及樹木管理組

関連項目[編集]