アメリカ合衆国憲法修正第1条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アメリカ合衆国憲法修正第1条(アメリカがっしゅうこくけんぽうしゅうせいだい1じょう、: First Amendment to the United States Constitution)は、アメリカ合衆国憲法で定められている条項で、国教の樹立を禁止し、宗教の自由な行使を妨げる法律を制定することを禁止した。また、表現の自由報道の自由、平和的に集会する権利請願権を妨げる法律を制定することを禁止している。これは1791年12月15日、権利章典を構成する10の修正の1つとして採択された。

権利章典はもともと憲法上の批准に対する反フェデラリストへの対抗を援助するために提案された。当初、修正第1条は、議会で制定された法律にのみ適用され、条項の多くは今日より狭く解釈された。合衆国最高裁判所は、ギトロー対ニューヨーク州事件(1925年)以来、修正第14条の適法手続条項を通じて、修正第1条を州に適用した。

エバーソン対教育委員会事件(1947年)では、裁判所はトーマス・ジェファーソンの書簡を用いて、この分離の正確な境界が紛争しているにもかかわらず、「教会と州の分離の壁」を求めた。20世紀と21世紀の一連の裁判では、政治的発言、匿名の発言、政治資金ポルノグラフィ、学校演説などの様々な形態を保護し、 これらの判決はまた、修正第1条による保護における一連の例外を定義した。

文章[編集]

1791年に採択された修正案は次のようになっている。

議会は、国教の樹立を支援する法律を立てることも、宗教の自由行使を禁じることもできない。 表現の自由、あるいは報道の自由を制限することや、人々の平和的集会の権利、政府に苦情救済のために請願する権利を制限することもできない[1]

提案された権利章典の手書きのコピーは、1789年、憲法修正第1条の草案となった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ First Amendment”. Cornell University Law School Legal Information Institute. 2013年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]