シチズンズ・ユナイテッド対FEC裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シチズンズ・ユナイテッド対FEC事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
2010年1月21日
事件名: Citizens United, Appellant v. Federal Election Commission
判例集: 558 U.S. 310
裁判要旨
組合、営利団体、非営利団体に対して、本選挙の60日以内及び予備選挙の30日以内にテレビコマーシャルを放映することを禁止しているBipartisan Campaign Reform Actの一部規定は、アメリカ合衆国憲法修正第1条表現の自由に反しており、違憲である。
裁判官
首席判事: ジョン・ロバーツ
陪席判事: ジョン・スティーブンズアントニン・スカリアアンソニー・ケネディクラレンス・トーマスルース・ギンズバーグスティーブン・ブライヤーサミュエル・アリートソニア・ソトマイヨール
意見
多数意見

ケネディ
賛同者:(Part IV以外の全てに賛同) ロバーツ、スカリア、トーマス、アリート

(Part IVのみに賛同)スティーブンズ、ギンズバーグ、ブライヤー、ソトマイヨール
少数意見 スティーブンズ、ギンズバーグ、ブライヤー、ソトマイヨール

シチズンズ・ユナイテッド対FEC裁判(シチズンズユナイテッド たい エフイーシー さいばん)は、アメリカ合衆国における選挙の際のコマーシャルの放映について、2010年アメリカ合衆国最高裁判所が行った裁判である。この裁判では、組合、営利団体、非営利団体に対して、本選挙の60日以内及び予備選挙の30日以内にテレビコマーシャルを放映することを禁止しているBipartisan Campaign Reform Actの一部規定は、アメリカ合衆国憲法修正第1条表現の自由に反しており、違憲であるという判断を下した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2014/01/21/how-citizens-united-changed-politics-in-6-charts/
  2. ^ http://www.usnews.com/news/articles/2015/01/21/5-years-later-citizens-united-has-remade-us-politics