セーブル・コミュニケーションズ・オブ・カリフォルニア対FCC事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セーブル・コミュニケーションズ・オブ・カリフォルニア対連邦通信委員会事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1989年4月19日
判決:1989年6月23日
事件名: Sable Communications of California, Inc. v. Federal Communications Commission, et al.
前史 Appeal from the United States District Court for the Central District of California
裁判要旨
単純にいかがわしい性的表現は憲法上保護されている。そのため、いかがわしいメッセージに成人がアクセスすることを禁止することは、未成年者をダイアル・ポルノから保護するために許容されない。
裁判官
意見
多数意見 ホワイト
賛同者:満場一致(1部、2部、4部)レンキスト、ブラックマン、オコナー、スカリア、ケネディ(3部)
同意意見 スカリア
異議付き同意 ブレナン
賛同者:マーシャル、スティーブンス

セーブル・コミュニケーションズ・オブ・カリフォルニア対FCC事件(セーブルコミュニケーションズオブカリフォルニアたいえふしーしーじけん、Sable Communications of California v. Federal Communications Commission)492 U.S. 115 (1989)は、アメリカ合衆国連邦最高裁判所により、「いかがわしい素材」をどのように定義するかという問題と、それがアメリカ合衆国憲法修正第1条で保護されるのかどうかが問われた事件[1]。最高裁は、「いかがわしい」(indecent)に属するメッセージを商業的に電話で送信することを犯罪として、「ダイアル・ポルノ」を禁止していた連邦法の一部を無効にした[2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ Rubens, Suzanne D. (Winter 1990). “First Amendment: Disconnecting Dial-a-Porn: Section 223(b)'s Two-Pronged Challenge to First Amendment Rights”. The Journal of Criminal Law and Criminology 80 (4): 968. 
  2. ^ "Sable Communications of California v. FCC". oyez.org.
  3. ^ Mackey, Thomas C. (2002). Pornography on Trial: A Reference Handbook. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. pp. 97. ISBN 978-1-57607-275-2. 
  4. ^ "Sable Communications of California, Inc. v. Federal Communications Comm'n.". Quimbee.com.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]