R.A.V.対セントポール市事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
R.A.V.対セントポール市事件
Seal of the United States Supreme Court.svg
弁論:1991年12月4日
判決:1992年6月22日
事件名: R.A.V., Petitioner v. City of St. Paul, Minnesota
裁判記録番号: 90-7675
前史 Statute upheld as constitutional and charges reinstated, 464 N.W.2d 507 (Minn. 1991)
弁論 口頭弁論
裁判要旨
セントポール市のヘイトスピーチ禁止条例は表現の「特定の主題」の「内容」を規制基準としており、「喧嘩言葉」と保護された表現の両方を過度広範に禁止しているため違憲である。ミネソタ州最高裁判所の判決を取り消した。
裁判官
意見
多数意見 スカリア
賛同者:レンキスト、ケネディ、スーター、トーマス
同意意見 ホワイト
賛同者:ブラックマン、オコナー、スティーブンス(一部)
同意意見 ブラックマン
同意意見 スティーブンス
賛同者:ホワイト、ブラックマン(一部)
参照法条
アメリカ合衆国憲法修正第1条; St. Paul, Minn., Legis. Code § 292.02 (1990)

R.A.V.対セントポール市事件(あーるえーぶいたいせんとぽーるしじけん、R.A.V. v. City of St. Paul)505 U.S. 377 (1992)[1]は、アメリカ合衆国連邦最高裁判所が全会一致でセントポールのヘイトスピーチ禁止条例はアメリカ合衆国憲法修正第1条が規定する表現の自由条項に反しているとして違憲判決を出し、 アフリカ系アメリカ人の住宅の敷地で十字架を焼却したため罪に問われたR.A.V.と呼ばれる10代の被告人の有罪判決を取り消した裁判。

影響[編集]

この判決を先例として、スタンフォード大学のヘイトスピーチ規制に違憲判決(コリー対スタンフォード大学事件、1995年)が出た。また、自治体や大学は独自に設けていたヘイトスピーチ規制を廃止する動きを見せた[2]

参考文献[編集]

  1. ^ R.A.V. v. City of St. Paul, 505 U.S. 379 (1992).
  2. ^ 『アメリカ憲法判例の物語』小谷順子成文堂、2014年)150ページ ISBN 978-4792305604

関連項目[編集]

外部リンク[編集]