タジキスタンの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タジキスタンの国旗
タジキスタンの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 1:2
制定日 1992年11月25日
使用色

タジキスタン国旗は、上から順にが横三色に配され、中心には黄色で7つのに囲まれた王冠があしらわれている旗。1992年11月25日に制定。

1953年タジク・ソビエト社会主義共和国の旗との共通点は、この三色()である。赤と緑に比べて白の帯の幅が長い。

赤は国家統合の象徴、白は産出される綿と、国民統合の象徴、緑は国土の自然の象徴、王冠と7つの星は主権の独立と隣国との友好を表す。

ソビエト連邦の崩壊から1992年11月までは、タジク・ソビエト社会主義共和国の旗から鎌と槌、星を取り除いた図柄の国旗を使用していた。

歴史的な旗[編集]

ロシア帝国[編集]

ロシア革命以降[編集]

提案されたタジキスタン国旗[編集]

類似の意匠[編集]

関連項目[編集]