タジキスタンの査証政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンガポール国籍の旅券に貼られたタジキスタンの査証および出入国印

タジキスタンの査証政策(タジキスタンのさしょうせいさく)では、タジキスタン共和国政府がタジキスタンに渡航しようとしている外国人に対して行っている査証(ビザ)政策について記述する。

タジキスタンの査証政策

査証免除[編集]

下記の10カ国の国民には査証が免除されている。

無期限
90日
30日

中国国籍保有者は公用目的の場合無査証で最大30日間滞在可能である。

電子査証[編集]

2016年6月1日に電子査証制度を開始した[1]。タジキスタンの全ての出入国施設からの出入国が可能であり、観光にも商用にも利用可能である。ゴルノ・バダフシャン自治州に立ち入る場合には追加で20USドルを支払って事前に許可を得る必要がある。

下記の121の国・地域の旅券保有者はシングルまたはマルチ入国ビザをオンライン上で50USドルにて取得可能であり、90日間のうち最大45日間滞在可能である[2]

電子査証申請[編集]

全ての国籍の国民がオンライン上で査証申請が可能である。申請したタジキスタン国外の大使館・領事館またはドゥシャンベ空港にて受取が可能である。[3]

ゴルノ・バダフシャン自治州[編集]

ゴルノ・バダフシャン自治州への立ち入りには特別な許可が必要である[4][5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]