カルルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルルク古代テュルク語Old turkic letter OQ.pngOld turkic letter L1.pngOld turkic letter R1.pngOld turkic letter Q.png[1]、Qarluq)とは、7世紀から12世紀にわたってジュンガル盆地イリ地方に存在したテュルク系遊牧民。中国史書では歌邏禄葛邏禄葛禄と記し、ペルシャ語ではخَلُّخ (Khallokh)、アラブ語では قارلوق (Qarluq)と記された。

8世紀後半のカルルクとその周辺国。

名称[編集]

カルルクの存在は東西史料の両方に記されており、さまざまな記名がある。

構成部族[編集]

新唐書』回鶻伝下によると、葛邏禄(カルルク)には3つの部族がおり、北庭都護府(現在の昌吉回族自治州ジムサル県)の西北、金山(アルタイ山脈)の西に住んでいたという。顕慶2年(657年)、によってそれぞれに都督府が置かれた。

  • 謀落(謀刺、Bulāq)部→陰山都督府
  • 熾俟(婆匐、Čigil)部→大漠都督府/金附州
  • 踏実力部→玄池都督府

また、これら三部族を三姓葛邏禄(ウチュ・カルルク、Üč Qarluq)とも呼んだ。

歴史[編集]

西突厥の支配と唐の羈縻(きび)支配[編集]

初めは西突厥の構成種族として現れ、歌邏禄(カルルク)の他に咄陸(都陸、テュルク?),弩失畢(ヌシュピール?),処月,処密,姑蘇などがいた。

貞観元年(627年)、西突厥の統葉護可汗(在位:619年頃 - 628年)は自国が強盛であるのを自負し、支配下の国々に対する恩賞を与えなかったため、諸部の衆は怨みを抱き始め、遂に歌邏禄(カルルク)種の多くがこれに離反した。

貞観13年(639年)、西突厥の乙毘咄陸可汗(在位:638年 - 653年)は阿史那賀魯を葉護(ヤブグ:官名)に任命し、多邏斯(タラス)川に住まわせた。これによって阿史那賀魯は処密,処月,姑蘇,歌羅禄,弩失畢の五姓の衆を統べることとなる。

貞観20年(646年)頃、東突厥の阿史那斛勃が乙注車鼻可汗と称して羈縻(きび)支配から自立すると、西の歌羅禄(カルルク)は北の結骨(キルギズ)とともに車鼻可汗に附いた。

貞観23年(649年)、太宗は右驍衛郎将の高侃に命じて迴紇(ウイグル)部,僕骨(ボクトゥ)部などの兵を招き寄せて車鼻可汗を襲撃させると、歌邏禄(カルルク)の泥孰闕俟利発(でいしゅく・キョル・イルテベル:部族長)や拔塞匐部,処木昆部の莫賀咄俟斤(バガテュル・イルキン:部族長)らが部落を率いて車鼻可汗に背き、相次いでに投降してきた。その後、唐は阿史那賀魯の部落を賀魯州とし、葛邏禄(カルルク)と挹怛(エフタル)の2部を併せて葛邏州とし、雲中都督府に属させた。

永徽元年(650年)9月、車鼻可汗が高侃によって捕えられると、唐はその余衆と歌羅禄(カルルク)の左廂を鬱督軍山(ウテュケン山)に移住させて渾河州とし、渾河刺史に統領させ、歌羅禄(カルルク)の右廂を狼山都督府とし、狼山都督に統領させた[2]。唐はこの後、単于都護府瀚海都護府を設置した。

こうして歌羅禄(カルルク)の部衆はモンゴル高原のウテュケン山(鬱督軍山)に移住したが、アルタイ山脈の西に残った歌羅禄(カルルク)もいた。顕慶元年(656年)、彼らは処密,処月,姑蘇,弩失畢らとともに西突厥の阿史那賀魯に附いて反乱を起こした。8月、左衛大将軍の程知節は阿史那賀魯の所部である歌邏禄の獲剌頡発および処月の預支俟斤らと榆幕谷で戦い、これを大破した。

顕慶2年(657年)、唐は謀落部を陰山都督府とし、熾俟部を大漠都督府とし、踏実力部を玄池都督府とし、各酋長を用いて都督とした。唐は後に熾俟部を分けて金附州を置く。三姓葛邏禄は東西突厥間に在って、常に趨勢を眺めて附叛を繰り返した。その後、南に移動して「三姓葉護(ウチュ・ヤブグ)」と号し、次第に強盛となり、廷州以西の諸突厥は皆これを畏れるようになった。

長安4年(704年)、唐は西突厥の阿史那懐道(アシナ・カイドゥ)を十姓可汗兼濛池都護とし、阿史那献を磧西節度使に抜擢した。十姓部落の都擔が叛くと、阿史那献はこれを斬った。唐は碎葉(スイアーブ)以西の帳落3万を治めて内属させ、葛邏禄,胡屋鼠尼施の三姓もすでに内属した。東突厥の阿史那默啜が侵掠をなすと、唐は阿史那献を定遠道大総管とし、北庭都護湯嘉恵らと挟撃させた。唐は突騎施英語版(テュルギシュ)都督の車鼻施啜蘇禄を順国公としたが、突騎施はすでに撥換城と大石城を包囲して四鎮を取ろうとしたので、湯嘉恵を安西副大都護に拝して三姓葛邏禄の兵を発し、阿史那献と共にこれを撃たせた。

開元713年741年)の初め、カルルクは再び唐に来朝した。

回紇との同盟と独立[編集]

天宝742年 - 756年)の時、回紇(ウイグル),拔悉蜜(バシュミル)と共に東突厥の烏蘇米施可汗(オズミシュ・カガン)を攻め殺した後、回紇と共に拔悉蜜を撃ち、その可汗である阿史那施を北庭に走らせ、京師に出奔した。葛禄(カルルク)は九姓(トクズ・オグズ)とふたたび回紇の葉護(ヤブグ)を立て、懐仁可汗とした。ここにおいて葛禄(カルルク)は烏徳犍山(ウテュケン山)を拠点として回紇に臣従し、金山(アルタイ山脈)と北庭都護府に在って葉護として自立し、毎年来朝した。これに久しく、葉護頓毘伽(ヤブグ・トン・ビルゲ)は突厥叛酋の阿布思を捕縛したので、金山郡王に封ぜられた。天宝の間は5回来朝した。

天宝10載(751年)、ズィヤード・イブン=サーリフの率いるアッバース朝軍と高仙芝率いる唐軍が、天山山脈の西北麓のタラス河畔で衝突した(タラス河畔の戦い)。この時、葛邏禄(カルルク)がアッバース軍に寝返ったために唐軍は壊滅し、大敗を喫した。

至徳756年 - 758年)の後、葛邏禄は強盛となって回紇と双璧をなし、十姓可汗(オンオク・カガン:西突厥可汗)の故地(イリ地方)に移って碎葉(スイアーブ),怛邏斯(タラス)の諸城を占拠した。これ以降、葛邏禄(カルルク)は唐に入朝しなくなった。

大暦年間(766年779年)の後、西突厥を受け継いだ黄姓と黒姓の突騎施(テュルギシュ)二姓は次第に衰退していったため、多くは葛邏禄や回鶻(ウイグル)に附き、一部はチュイ川上流に逃れた。

カルルク国とカラハン朝[編集]

766年にイリ地方を占領したカルルクは、その後もモンゴル高原ウイグル可汗国(回鶻)と敵対しながら勢力を保ったが、あくまでヤブグ(Yabγu)の称号を帯びてカガン(Qaγan)号を用いなかった。それはウイグルを宗主国と見做したためと思われ、『カラ・バルガスン碑文』には、「ウイグルが征西した際、フェルガナでカルルクのヤブグをカルルク王に冊立した」ことが書かれている。しかし、カルルクとウイグルが東西で対立していたことは確かであり、それは『シネ・ウス碑文』(Šine-Usu Inscription)によってわかる。

840年、ウイグル可汗国は内乱の最中に北方のキルギズの大軍に襲撃され、ウイグルの可汗が殺された。これによってモンゴル高原のウイグル可汗国は崩壊し、その残党が西へ移動して天山山脈の北東麓に落ち着いた。これが天山ウイグル王国であり、別の一部はさらに西へ移動してベラサグンに至り、カルルクと合流した。この以前に、熾俟(Čigil)部がカルルクから独立している。

その後のカルルクの歴史は不明であるが、940年頃にカルルク国内で最初のテュルク系イスラム国家カラハン朝が生まれたとされるが定かではない[3]

西遼の侵攻[編集]

1125年によって滅ぼされると、その一部を率いた耶律大石モンゴル高原において可汗を称したが、1130年にまた金の攻撃を受けて中央アジアに逃れてきた。耶律大石はまずビシュバリクを拠点とする天山ウイグル王国を臣従させ、1132年には天祐皇帝に即位して西遼を建国した。この頃にカルルクも西遼の支配下に入ったものと思われる。

1134年、カルルクはカンクリ中国語版英語版とともに反乱を起こしたが、耶律大石によって鎮圧された。耶律大石はこの地の北辺を西遼の直轄地と定め、ベラサグンへ遷都し、ベラサグンをフスオルドと改称した。以降も、カルルクは西遼(カラ・キタイ)の属国となる。

チンギス・カンとカルルク[編集]

1211年頃、カルルクの首長およびカヤリク[4]の王であるアルスラーン・カンは、第3次タングート遠征を終えたモンゴルチンギス・カンに朝貢をした。その際、アルスラーン・カンはチンギス・カン家の一公主と結婚し、チンギス・カンの娘であるアルトゥン・ベギをウイグル王(天山ウイグル王)と結婚させる約束をした。

居住地[編集]

西突厥に属していた頃のカルルクは、「北庭都護府(現在の昌吉回族自治州ジムサル県)の西北、金山(アルタイ山脈)の西に在り、僕固振水をまたがって多怛嶺を包み、車鼻部と接した」とあるようにジュンガル盆地の北西部に住んでおり、その後アルタイ山脈の西麓に残る者もあれば、モンゴル高原に移住させられた者もあった。

766年以降のカルルクは、北宋期の史書『新唐書』に「十姓可汗の故地に移った」とあり、en:Farighunid朝(現在の北アフガニスタン)の地理書『ハッダード・アッ=アーラム英語版』(: حدود العالم‎)では、チュイ川(スイアーブ川)やタラス川の一帯からシル・ダリヤ上流域の北岸を中心に東イリ盆地・イシク・クル地方・フェルガーナからカシュガルまでを領していたとある。

脚注[編集]

  1. ^ 右から左へ読む。
  2. ^ 史料によっては左廂と右廂が逆の場合がある。いずれにせよ唐がカルルクをアルタイ山脈の西からウテュケン山ハンガイ山脈英語版)に移住させたのは、薛延陀部の南下を防ぐ目的があったためと思われる。
  3. ^ 小松久男『中央アジア史』p163
  4. ^ バルハシ湖東南のコパル地方タルディ・クルガン市の東)にあたる。

参考資料[編集]

関連項目[編集]